ヒコロヒー、岩崎う大&モト冬樹と共にキーマン役で『泥濘の食卓』出演

公開:
ヒコロヒー、岩崎う大&モト冬樹と共にキーマン役で『泥濘の食卓』出演

齊藤京子日向坂46)が主演を務める土曜ナイトドラマ『泥濘の食卓』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)第7話が、12月2日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

主人公の女の子がバイト先の店長と不倫をし、さらには店長の息子、そして店長の妻にまで近寄っていく……。純粋すぎるがゆえ、まっすぐな愛が狂気へと変わった想いが愛する相手の家庭へと徐々に寄生していき、やがて泥濘へと引きずり込んでいく“パラサイト不倫”を描くストーリー。また、第1話〜第6話の見逃し配信が、計300万回再生を突破(10月22日〜11月26日/ビデオリサーチ算出)。なお、現在TVerでは最新話に加え、第1話~第3話、齊藤の単独インタビューや解説動画などが配信中。

前回第6話では、尾崎ちふゆ(原菜乃華)のモンスターぶりが加速する展開に、SNS上では「ちふゆの猟奇さにハマってきた」「怪演が最高すぎる」「演技うまい」「地獄のカラオケ」といった声があがっていた。

<第7話あらすじ>
尾崎ちふゆ(原)と一緒にいる那須川ハルキ(櫻井海音)に遭遇した捻木深愛(齊藤)は、ハルキの様子がおかしかったことが気になり、ちょうど夜勤で母・捻木美幸(筒井真理子)が不在にしていた自宅へ誘う。ハルキから、これまでちふゆとの間に何があったかを聞いた深愛はハルキに「私はハルキくんの味方だよ」と寄り添いながらも、内心はハルキを思うちふゆの気持ちにも共感していた。

ハルキが泊って帰った後、美幸にバレないように深愛が慌てて部屋を片付けていたところ美幸が帰宅。掃除しようと思っていると伝える深愛に、美幸はついでに使っていない着物の処分を頼む。それは、かつて義理の母が使っていた着物で、美幸にとって辛い過去を思い起こさせるものだった――。

まだ深愛が幼かった頃、夫の捻木正数(岩崎う大)の家族とこの家で暮らしていた美幸はこき使われ、皆と一緒に食卓を囲むこともなかった。そんな中、家族に反発していた正数の妹・あかり(ヒコロヒー)が義父(モト冬樹)と大ゲンカし、家を出ることを決意。唯一、美幸の状況を理解するあかりだったが、そのあかりから最後に言われたあるひと言が心に引っかかっていた。

一方、スーパーではある噂で持ちきりだった。実は従業員たちが深愛と那須川夏生(吉沢悠)が一緒にいるところを目撃していたのだ。那須川は誤魔化すが……。

後日、相変わらずちふゆから逃れられない地獄の日々が続くハルキは、体調不良をちふゆに伝えると、無理やり保健室に連れていかれる。ハルキがベッドに横になるとちふゆも入ってきて、ハルキを脅したかと思った次の瞬間、ハルキの顔を掴む。その場を逃げ出したハルキは、助けを求めて再び深愛の自宅へと向かう。突然のハルキの訪問に戸惑う深愛だったが、ずぶ濡れのハルキを放っておけずタオルで拭いてあげていると、そこへ美幸が帰ってくる。

画像ギャラリー

PICK UP