内野聖陽“ケンジ”、奥貫薫“玲子”の離婚理由に驚き!「かっこいい」の声

公開:
内野聖陽“ケンジ”、奥貫薫“玲子”の離婚理由に驚き!「かっこいい」の声

西島秀俊内野聖陽がダブル主演するドラマ24『きのう何食べた? season2』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)の第8話が、11月24日に放送。三宅玲子(奥貫薫)が離婚を決断した理由に、ネット上で「かっこいい」との声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

ケンジ(矢吹賢二/内野)の務める美容院にそろって現れた店長・三宅祐(マキタスポーツ)と玲子夫妻。娘の大学の入学式だったそうで、「ひと段落ついた」と2人は幸せそう。

しかし、玲子から“娘が大学に入ったら夫とは別れる”と聞いていた田渕剛(坂東龍汰)は怪訝そうに2人を見つめ、それをケンジに打ち明ける。「関係が修復したんだよ」と喜ぶケンジの一方、田渕は、そんな簡単に人の気持ちは修復しないと言い……。

ある日、急に祐から呼ばれたケンジ。彼の自宅を訪ねると、そこには玲子のサイン済みの離婚届の前で黄昏る祐の姿が。玲子には携帯電話の番号を変えられ、娘や息子に連絡しても反応はなし。「泣いてすがった方が良い」とすすめるケンジだが、それはできないという祐。美容院経営が順調で、妻に好きなことをやらせてあげているつもりで「浮気くらい良いだろ」と思っていたそう。それを今更振り返り「バカだなぁ……」とつぶやく彼に、ケンジはそっと受け止める。

一方、玲子からも呼び出されたケンジ。そこで玲子は、祐のことを「嫌いになったわけじゃない」と明かす。それなのになぜ離婚するのかケンジが問うと、玲子は「このまま一緒にいたら、あの人のこと恨んだり憎んだりして一生を過ごしちゃう」「間違いを許せるように別れるの」と言うのだった。

SNS上では「玲子さん、ステキな女性だ」「玲子さんの考え方がかっこいい」「優しい別れの理由に泣ける」といった声が見られた。

次回、第9話は12月1日に放送。祐がベトナムに出店したいと言い出す。

現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、本作の最新作のほか、第1話~第3話も配信中だ。

PICK UP