『推しが上司になりまして』鈴木愛理“瞳”「推しは推しのままがいい」片寄涼太“修一”の女の影に涙する姿が「切ない」【ネタバレあり】

公開:
『推しが上司になりまして』鈴木愛理“瞳”「推しは推しのままがいい」片寄涼太“修一”の女の影に涙する姿が「切ない」【ネタバレあり】
最新エピソードを無料視聴

鈴木愛理片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE)が共演するドラマNEXT『推しが上司になりまして』(テレビ東京系、毎週水曜24:30~)の第8話が、11月22日に放送。中条瞳(鈴木)が涙するシーンに「切ない」という声が上がった(以下ネタバレが含まれます)。

残業している高城修一(片寄)に差し入れを届けに来た瞳。その際、告白の返事をしようとしていたのだが、修一が電話で“智花”と女性の名前を呼んでいるのを聞いてショックを受ける。

そんな中、修一から週末デートに誘われ、瞳はそこで智花が何者かを確かめようと決意。さらに、告白の返事をして修一と恋人関係に発展したいと意気込んでいた。

出張から帰って来たばかりで疲れが見える修一を癒やしてあげようと、仕事帰りにデートの予行演習をする瞳。しかし、そこで「智花(吉田朱里)」と呼ぶ女性と会っている修一を見てしまい、「信じてたのに!」よ怒りを覚える一方、まだ告白の返事をしておらず恋人になっていないことから「まだ何の関係もないんだし……」と落ち込んでしまう。「やっぱり推しは推しのままがいい」と、桐生斗真(片寄)グッズを取り出して涙を流すのだった。

SNS上では「瞳の涙が切なすぎる」「瞳のメンタルが心配」「早く返事すればいいのに!」といった声が上がっていた。

次回、第9話は11月29日に放送。「智花は修一の婚約者!?」というネット記事を知り愕然とする瞳。推しが幸せになることを願おうと自分に言い聞かせるも、涙は止まらず……。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では本作の第1話~第3話も配信中だ。

PICK UP