菅野美穂“ゆりあ”、木戸大聖“優弥”のキスを受け入れる…「禁断の恋が始まってしまった」

公開:
菅野美穂“ゆりあ”、木戸大聖“優弥”のキスを受け入れる…「禁断の恋が始まってしまった」

菅野美穂が主演を務めるドラマ『ゆりあ先生の赤い糸』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第4話が、11月9日に放送。伊沢ゆりあ(菅野)と伴優弥(木戸大聖)の関係性の発展に、ネット上で大きな反響があった(以下、ネタバレが含まれます)。

優弥にキスをされるも突き飛ばし、「寂しいだけの慰め合いだったらいらないから!」と拒絶したゆりあ。しかし優弥は遊びや慰めのつもりは全くなく、「今日、先生に会いたいから来たんだけど……」と傷ついた表情を浮かべる。家に帰り、失礼なことを言ってしまったと反省したゆりあは謝罪の連絡をするのだが、既読はついたものの返信はなかった。

あのキスを「奇跡の一度限りのチャンスだった」と思い、吹っ切ろうとしていた最中、優弥から返信が。「また何かありましたら、よろしくお願いします」というそっけない返答に、ゆりあは落ち込む。しかしその後にまた連絡が来て、「また行きましょう!!」という言葉にゆりあは喜び舞い上がる。

そして再びファミレスで刺繍教室を開いたゆりあ。そこで、優弥が妻に不倫されていることを打ち明けてきて、ゆりあと夫・吾良(田中哲司)のことを「長年一緒の理想の夫婦」だと言ってくる。そんな優弥に、ゆりあも夫の愛人2人と一緒に住んでいるという内情を明かすと、優弥は最初は驚くものの、「マジかすげえ!」と大笑い。

そして「俺やっぱりゆりちゃん好きだわ」と言って、再びゆりあにキスをしようとする。それを押し返すゆりあだったが、真剣な表情を浮かべる優弥のキスに応えてしまうのだった。

SNS上では「禁断の恋が始まってしまったな……」「返信に舞い上がるゆりあがかわいすぎる!」「ゆりあと優弥の恋、ダメだとわかっていても応援してしまう」といった声が見られた。

次回、第5話は11月16日に放送。ゆりあがこっそり優弥と会っている現場を、箭内稟久(鈴鹿央士)に目撃される。

なお現在、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、本作の最新話のほか第1話~第3話、ダイジェスト、制作発表記者会見の様子などが配信中。

PICK UP