枕営業?セクハラ?ドラマ監督と女優が撮影現場でコンプライアンスキス!

公開:
枕営業?セクハラ?ドラマ監督と女優が撮影現場でコンプライアンスキス!

恋愛疑似体験型ショートドラマ『キス×kiss×キス~LOVE(ラブ) ⅱ (ラブ)SHOWER(シャワー)~』(テレビ東京系、毎週木曜25:00~)の第2話が11月9日に放送。ネット上では、監督と女優のドキドキキスに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

女優の七海(矢崎希菜)は初主演の学園ドラマを撮影中。このドラマの監督(七瀬公)との出会いは、彼女がアイドルをやっていたときだ。彼に「女優さんに向いている」と言われて、これまで頑張ってこられた。

思いが溢れた七海は、教室で一人で仕事をしている監督のもとへ。ただ、監督はコンプライアンスを異常に気にしており、ドアを閉めた七海に「ドアを開けておいてください。同じ空間に二人だけなのはよくないので」と告げる。七海は監督に近づくも、彼は一定の距離を保ち、むしろ逃げて話を聞く。

そんな監督は、アイドル時代の自分のことを覚えてくれていた。七海が「今日までずっと頑張ってきました。女優として監督に撮ってもらえるまで」と後ろから抱きしめる。しかし、監督は「ちょっちょっ! ダメダメ! 絶対ダメだってそういうの」と大慌て。それでも「枕営業とか言われないように、実力をつけて監督に会いたかった」と述べ「好きです」と告白した。

監督も七海に気持ちを伝えて2人はキス。キスが激しくなっていく中で、七海が急に「セクシャルハラスメント!」と一言。慌てる監督だったが「……じゃないですから。安心してくださいね」と笑みを浮かべた。

ネット上では、監督と七海のキスに「最高」「積極的」「コンプライアンス(笑)」との声があった。

次回は11月16日に放送。大地(宇佐卓真)と光輝(那須泰斗)は中学からの同級生で、お互い友情以上の感情を持っていた。​

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話、2022年に放送された過去回が配信中。

PICK UP