山本舞香、深澤辰哉は“親戚のおじちゃん”!?「メイク中にずっと喋っています」

公開:
山本舞香、深澤辰哉は“親戚のおじちゃん”!?「メイク中にずっと喋っています」

相葉雅紀さんが主演を務める金曜ナイトドラマ『今日からヒットマン』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域を除く)が現在放送中。平凡なサラリーマン・稲葉十吉(相葉)が、ある日突然、数奇な運命に翻弄されて伝説の殺し屋「二丁」の名を継ぐことになり、サラリーマンとヒットマンの二重生活を送る物語です。

そんな十吉の相棒となるヒロイン・ちなつを演じる山本舞香さんにインタビュー。役との向き合い方や相葉さんの印象、現場でよくお話をするという山本照久役・深澤辰哉さんとのエピソードについても聞きました。

相葉雅紀は常に周りが見えている方

――作品の印象を教えてください。

以前、『漫画みたいにいかない。』という作品でご一緒させていただいたオークラさんが脚本を担当されると聞いて、「絶対面白いな」と思いました。そこから原作を調べたら、ちなつが過激な絵だったので、「これ大丈夫かな?」みたいな(笑)。私、こんなナイスバディじゃないけど……というところで、まずプロデューサーさんに「大丈夫ですか?」と確認しました(笑)。脚本を読ませてもらったときから、コメディで面白そうだなと思っていて、キャストの方と本読みをしたときにもすごく面白くて。ここから作品を撮っていくのが楽しみだな、と思いました。

――ちなつを演じるにあたり、最初から手応えがありましたか?

最初は「どうちなつを作っていこうかな」と思っていました。少しチャラい感じで登場するのですが、十吉と出会い知っていく中で、「相棒になってほしい」とお願いする姿がかわいらしいなと思ったので、そのあたりをきちんと出していけたらいいなと。今は現場で相葉さんとお芝居の掛け合いをしながら、ちなつを作っている感じです。

――役作りをする上で、原作を忠実に再現しようと思ったのか、それとも自分なりのちなつを作り上げていこうと考えたのか、どちらに近いですか?

原作は読んでいないんです。なので、周りを見て「ここは強くいなきゃいけない」とか、「ここはちょっと緩んでいていいかな、ここはふざけていいかな」というメリハリを自分の中で調整しながらやっています。たとえばアクションシーンのときにはキリッとしたお芝居をして、十吉と2人のシーンでは存分にふざけて、十吉をいじりまくる。そうすることで、かっこよさとかわいらしさのメリハリが付くのではないかなと思っています。

――原作を読んでいないとのことですが、それはあえてですか?

原作に引っ張られるのが嫌なんです。それに、「このシーンを忠実にやってない」みたいな意見があったりもしますが、私は私なりに映像としての面白さを追求してみなさんに提供したいですし、見ていただきたいと思っています。もちろん原作のシーンを再現するところもありますが、そのままやることだけが大切ではないと思うので、私は現場で感じた通りに自由にやらせて頂いてます(笑)。

――現場の雰囲気についても聞かせてください。

現場は和気あいあいとしています。段取りのときにも、ふざけているシーンではスタッフさんも笑ってくださるので、「今のが面白いんだ」とわかりますし、すごくやりやすいです。キャストも本多力さんはクセがあって面白いし、私は毎朝、筧(利夫)さんに衣装について一言だけ言われるのですが、褒めていただいたのは筧さんだけです(笑)。

――ちなつのファッションに関して、山本さんから提案したことはありますか?

提案というより、「こういうパターンもあるけどどうですか?」「こうしたほうが可愛いですよね?」と、衣装さんと話し合って決めています。色合いを考えたり、ロングのパンツにはちびTを合わせてみようかな、とか。どこか露出していた方がちなつらしいかなと思うので、ちょっと攻めたデニムを履いたりして楽しんでいます。衣装協力してくださっているみなさんのおかげで本当にかわいい服を着ることができるので、やっぱりテンションが上がりますし、ファッションも見どころかなと思っています。

――相葉さんとは初共演ですが、印象はいかがですか?

相葉さんはもともと口数が多い方ではないのかなと思うんですが、ふと「空手って何歳からやってるの?」とか声をかけてくれます。でも、私たちは横に座っていても基本的に無言です(笑)。仲が悪いわけではなくて、最初から居心地がいいというか。いい意味で気を遣わなくていい方なので、自分の役に集中できるし、自然体でいられます。

――座長としては、どんな方ですか?

実際に相葉さんが何を考えていらっしゃるかはわからないのですが、周りをずっと見ている方なので、「今日、この人はどんなコンディションなのか」と、一人ひとりを気にかけているのかなと思います。みんなで撮影したときに、ちょっと離れたところから相葉さんを観察していたら、目がずっと動いてるんですよね。台本を読んでるときにも、耳は周りの声を聞いているから、気になることがあったらパッと見たりしていて。なので、常に周りが見えている方なんだなと思っています。

――相葉さんを観察されていたとのことですが、ふだんから人間観察がお好きなんですか?

はい、常に見ています(笑)。ずっと昔からクセなんです。無意識に見てしまうので、目が合うとちょっと気まずいんです。「この人、すごい見てくるな」「自分のこと好きなのか?」とか思われてしまうかもしれないけど、そういうつもりは一切なくて(笑)。「何を考えて行動してるんだろう?」「笑ってるけど本当はこう思っているんだろうな」とか考えながら、じっと見ています。

――共演者の方とは、どんなお話をしていますか?

基本的に、深澤さんはメイク中にずっと喋っています。ある工場のシーンは2日かけて撮ったんですが、ゲストの方とみんなでずっとお喋りをしていました。あとは、エナジードリンクを飲みすぎるらしいので、「1本にしてください」と言って見張っていました(笑)。

――チームワークばっちりですね(笑)。

深澤さんは5歳年上なんですが、親戚のおじちゃんみたいな感じです(笑)。それが素なのか、頑張ってくれているのかはわからないですけどね。本読みのときからスッとお話できる方だなと思っていましたし、楽しく撮影しています。

取材・文・撮影:nakamura omame

画像ギャラリー

PICK UP