所属タレントを集めた怪しい会合?渡邉理佐“沙奈”、塩野瑛久“倫太郎”に探りを入れ…

公開:
所属タレントを集めた怪しい会合?渡邉理佐“沙奈”、塩野瑛久“倫太郎”に探りを入れ…

板谷由夏が主演を務める『ブラックファミリア~新堂家の復讐~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)第6話が、11月9日に放送される。

同ドラマは、『ブラックスキャンダル』『ブラックリベンジ』に続く“ブラック”シリーズ第3弾、完全オリジナルの復讐ミステリー作品。謎の死を遂げた 女子高生の家族が、愛する娘の死の真相を追うため、ホームパーティーが行われた実業家一家やその関係者に様々な姿になりすまし近づき、意外な真実を暴き復讐していく“なりすまし”一家による復讐ミステリー。なお、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話~第3話、最新話のほか、ダイジェスト映像が配信中。

前回放送の第5話で、結託して早乙女家に潜入し、早乙女家と新堂梨里杏(星乃夢奈)の繋がっている証拠を数々掴んだ新堂家の面々。その証拠を確実にしていくため、新堂沙奈(渡邉理佐)が怪しい会合に潜入!? 五十嵐優磨(森崎ウィン)は早乙女葵(瀧七海)にさらに接近。そして、それぞれの形で家族を思う新堂一葉(板谷)と夫の航輔(山中崇)はすれ違い……。

<第6話あらすじ>
新堂一葉(板谷)は、危篤状態に陥った早乙女泰造(小野武彦)と対峙する。泰造は、一葉の正体を見破っていた。一葉は泰造から、思いがけない言葉を聞かされる。

新堂家は、梨里杏(星乃)と早乙女家のつながりを示す手がかりをつかみ、次なる作戦を練っていた。早乙女秋生(平山祐介)は梨里杏が参加したヴィーナスオーディションの審査員で、梨里杏を気に入って高得点を付けていた。オーディションを運営する芸能事務所社長の釘抜美嘉(しゅはまはるみ)が秋生の欲望を察し、梨里杏を早乙女家のパーティーに送り込んだと考えられた。

新堂沙奈(渡邉)は、釘抜が所属タレントを集めた会合を定期的に開いているらしいという情報をつかんでいた。それは、親睦会とも人身売買の場になっているとも噂される、怪しい会合だという。釘抜からパーティーで梨里杏に何が起こったのか、聞き出す必要がある。そう考えた沙奈は、その会合に潜入する計画を立てる。釘抜は、早乙女倫太郎(塩野瑛久)の知人だった。沙奈は、倫太郎から釘抜のことを聞き出して会合に潜入するつもりだった。

そんな中、新堂航輔(山中)は、復讐をすべてやめようと言い出す。早乙女家で一葉が秋生にキスされるのを目撃しながら、黙って見ていなければならないという屈辱を味わった航輔。これ以上、復讐に突き進むのはあまりにも危険で、家族が本当にバラバラになってしまうかもしれない。航輔の心からの訴えに対する、一葉の答えは?

早乙女家で家政婦を続ける一葉は、秋生から声をかけられる。何かを知っているらしい秋生のささやきに、一葉は激しく動揺して――!?

画像ギャラリー

PICK UP