山本舞香“素子”再び!松岡昌宏​​“三田園”が番宣お手伝い「十吉によろしく」

公開:
山本舞香“素子”再び!松岡昌宏​​“三田園”が番宣お手伝い「十吉によろしく」

松岡昌宏が主演を務める『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系、毎週火曜21:00~)の第5話が11月7日に放送。ネット上では、前シーズンでヒロインを務めた​本仮屋素子(山本舞香)の登場に多くの反応があった​(以下、ネタバレが含まれます)。

素子がビルの窓から何やら狙っていると、背後から三田園薫(松岡)らがやってきた。仕事が忙しそうだと言われた素子は「そうなんすよ〜。むすび家政婦紹介所の姉妹店。けっこうキビいんすよ!」「あっちのビルからお隣さんを掃除してほしいって依頼されたんですよね」とライフルでの掃除を依頼されたと明かす。

金曜日は23時15分からいつも仕事だと言う彼女に、三田園は「十吉(相葉雅紀)によろしく」と伝えた。

その後、いつもはストーリーテラーの役を担う三田園に変わって、素子がその役を務める。最後に三田園は「(山本が出演中の同局のドラマ)『今日からヒットマン』番宣シーン終わり」と伝えた。

伝説のシェフ・ムッシュー美月​​(高森修作/中村梅雀)の自宅に派遣された三田園ら。ゲスト3人を招いた晩餐会を手伝うことになったのだが、高森は、毒の入ったスープでゲストの殺害を企てる。スープを飲んでしまった3人に対し、なぜここに集められたのか。理由が分かった人にだけ解毒剤を渡すと告げた。

さまざまなことが明らかになる中、村田光(伊野尾慧)は「そうだったのか! 謎は全て解けた」と推理を語り始めるが……。

ネット上では、素子の再登場に「嬉しい」「久しぶりだ」との声が。同じHey!Say!JUMP​​・山田涼介主演『金田一少年の事件簿N(neo)​​』の金田一一の台詞を放った光のシーンには「笑った」「BGMも金田一っぽい(笑)」​​とのコメントがあった。

次回は11月14日に放送。町長選挙に立候補している小杉太一郎(醍醐虎汰朗)の家に派遣される。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話〜第3話、解説放送版、見どころ全部見せますスペシャルが配信中。

PICK UP