米村知希×結木千尋、キスまであと1秒の距離『キス×kiss×キス』第2話

公開:
米村知希×結木千尋、キスまであと1秒の距離『キス×kiss×キス』第2話

米村知希と結木千尋が出演する『キス×kiss×キス~LOVE ⅱSHOWER~』(テレビ東京系、毎週木曜25:00~)の第2話が11月9日に放送される。

シリーズ累計再生回数が2.2億回を超え、500万人以上の女性が視聴しているdTV®発のオリジナルコンテンツ『キス×kiss×キス』シリーズを、テレビ東京×avexがタッグを組んで地上波ドラマ化する企画の第2弾。“セクシャル×ファンタジー”の世界観で、胸キュンシーンを追体験できる“一人でこっそり楽しむ”恋愛疑似体験型ショートドラマとして、毎週2本立てで送られる。

なお、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では同ドラマの最新話や、『キス×kiss×キス~メルティングナイト~』のエピソードが配信中。あわせてチェックしてみては?

<第2話あらすじ>
「バス・ストップ・キス」
咲良(結木)は毎朝同じバス停から通学している。通学中、いつも次のバス停から乗ってきて、いつも隣の席に座る和樹(米村)が気になっていた。最初は目も合わせなかった二人だが、季節が流れるにつれ、会釈するようになり、一言二言話をするようになっていた。

ある日、ひょんなことから二人は急接近し、キスまであと1秒の距離。翌日、和樹は咲良のバス停まで歩いてきて先に乗車していた。和樹は「態度で示す」と、咲良に気持ちを伝えて……。

「コンプライアンスキス」
アイドル時代に知り合った監督(七瀬公)に好意を寄せる七海(矢崎希菜)。女優に転身したのは、監督の些細な一言がきっかけだった。その言葉を大事に日々精進してきた七海。

晴れてドラマの主演を張れるほどの女優となり、監督と再会した七海はあの手この手でアプローチをする。しかし、コンプライアンスを異常に気にしてしまう監督に距離を取られてしまい……。

画像ギャラリー

PICK UP