木戸大聖“優弥”、菅野美穂“ゆりあ”を引き寄せキス!「最高すぎるんだが」

公開:
木戸大聖“優弥”、菅野美穂“ゆりあ”を引き寄せキス!「最高すぎるんだが」

菅野美穂が主演を務めるドラマ『ゆりあ先生の赤い糸』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第3話が、11月2日に放送。伊沢ゆりあ(菅野)と伴優弥(木戸大聖)のキスシーンに反響があった(以下、ネタバレが含まれます)。

自宅介護用の改装で世話になった若き便利屋で、ゆりあと同じ名前の息子・優里亜(佐藤大空)を持つ優弥に刺繍を教えることとなったゆりあ。後日、一緒に手芸店に買い物へ行くことになり、優里亜と初対面したゆりあ。手芸店でじっとしていられない優里亜を「一緒に遊び行く?」と誘い、3人で公園へ。遊び盛りの優里亜の世話がいかに大変かという話をする優弥に、奥さんは世話をしないのか聞くと、別居中だと言うのだった。

優里亜の遊びに付き合ったことで全く刺繍のレッスンができなかったことから、次回は2人で会うことにしたゆりあと優弥。ファミレスで刺繍を教えていると「この後ヒマですか?」と優弥が誘ってくる。

そして居酒屋へと移動し、最近のストレスを発散するように飲んで食べ、話す2人。そして帰り際、「久しぶりに楽しかった」と言うゆりあに「写真を撮ろう」と言ってきた優弥。手を滑らせて携帯を落としてしまい、それを地面ギリギリのところでキャッチしたゆりあを引っ張り起こすと同時に抱きしめる。

さらに、ちょうどかかってきた電話に出ようとするゆりあを強引に引き寄せ、キスをするのだった。

SNS上では「木戸大聖くんが最高すぎるんだが……」「強引なキスにキュンキュン」「ゆりあにラブフラグがあって嬉しい!」といった声が上がっていた。

次回、第4話は11月9日に放送。箭内稟久(鈴鹿央士)が、ゆりあに相談事を持ちかけてくる。

なお現在、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、本作の最新話のほか第1話や第2話、ダイジェスト、制作発表記者会見の様子などが配信中。

PICK UP