SEVENTEEN、主題歌担当『トクメイ!』にライブ映像でサプライズ登場「最高」

公開:
SEVENTEEN、主題歌担当『トクメイ!』にライブ映像でサプライズ登場「最高」

橋本環奈が主演を務める『トクメイ!警視庁特別会計係』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)の第3話が10月30日に放送。ネット上では、湯川哲郎(沢村一樹)が最後に放った一言に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

1日署長を誰にするか会議を行っている一円(橋本)、警務課長・須賀安吾(佐藤二朗)、副署長の中塚文雄(鶴見辰吾)​​らが、SEVENTEENのライブ映像を見ている。「舞い落ちる花びら」を歌う彼らを見た中塚が「すごいな〜来てくれんの?」と漏らすと、須賀が「スケジュールはクリアです。ただ1つだけ大きな問題が。韓国から呼ぶ必要があります」と答えた。

妻と娘がSEVENTEENの熱狂的ファンだという刑事課長の葉山勇(川井つと)らは呼ぶ気満々だが、円は「今回の謝礼は諸経費込みで20万円」だと念を押す。メンバー13人、帯同するスタッフの渡航費や宿泊費などを考えても、予算オーバーのため断念することに。その後、ある人気俳優に決まった。

円は相変わらず監視カメラで署内​​の動きを追っていた。中塚が脅迫者Xに脅されていると気づいた刑事課強行犯係の連中が本人に詰め寄る姿や、静かに仕事をしている湯川の姿も。そんな中、湯川が、おもむろにカメラの近くにやってきて、カメラ目線で「おい。見てんだろ。イチエン!」と問いかけてきた。円はハッとして……。

ネット上では、湯川が監視カメラに気づいていた展開に「いつから(気づいていた)?」「ホラー」とのコメントが。主題歌を務めるSEVENTEENのサプライズ登場には「びっくり」「最高」​​とのコメントがあった。

次回は11月6日に放送される。管内で募金強盗事件が発生する。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話、予告編ほかが配信中。

PICK UP