毎熊克哉“笙野”、ベリーダンサー姿の木南晴夏“田中”に「痛々しい」発言「こじらせてんなぁ」

公開:
毎熊克哉“笙野”、ベリーダンサー姿の木南晴夏“田中”に「痛々しい」発言「こじらせてんなぁ」

木南晴夏が主演を務める『セクシー田中さん』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第2話が、10月29日に放送。毎熊克哉演じる笙野浩介の発言が、ネット上で話題となった(以下ネタバレが含まれます)。

スーパーで知り合った田中京子(木南)から、ペルシャ料理店「Sabalan」のフェセンジュンが絶品だと聞いた笙野。思い立って店に行ってみると、ちょうどベリーダンスショーが行われていた。

ちょうど倉橋朱里(生見愛瑠)も見に来ており、目が合ってしまったため会話をするのだが、朱里が「ベリーダンスを始めた」と言うと、笙野は「踊ってんの?(笑)」と小バカにしてくる。少し見ただけなのに、ベリーダンスを下品なものだと捉えた笙野。そこで踊るSaliの正体が田中だと気付いた笙野は、「あんたいくつだよ、オバサンが! なんつー格好してんだ痛々しい」と無神経な言葉を投げつける。

しかし後日、スーパーで再会した2人。笙野は田中に対して「先日はすいませんでした」「さすがにあれは失礼だったかなと、反省してまして」と謝って来る。しかし、ベリーダンスへの偏見は変わっておらず、「流行りの自己実現、自分探しってやつでしょ?」と発言。ベリーダンス以外の自己表現もあると古風な趣味を押し付けてくる。

それに対し、田中はベリーダンスの魅力を熱弁。その後日、再び「Sabalan」を訪れた笙野は、田中のベリーダンスに魅入ってしまうのだった。

SNS上では、笙野に対して「こじらせてんなぁ~」「女性に理想を押し付ける人いるよね……」「田中さんとの出会いで変わってほしい」という意見が見られた。

次回、第3話は11月5日に放送。笙野が目覚めると、隣に田中の寝顔があり……。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、本作の第1話も配信中。

PICK UP