菅野美穂“ゆりあ”、鈴鹿央士&松岡茉優演じる“夫の愛人たち”と三つ巴対決がぼっ発!?

公開: 更新:
菅野美穂“ゆりあ”、鈴鹿央士&松岡茉優演じる“夫の愛人たち”と三つ巴対決がぼっ発!?

菅野美穂が主演を務める『ゆりあ先生の赤い糸』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~※初回は拡大スペシャル)第2話が、10月26日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

今年の「第27回手塚治虫文化賞」で頂点となる「マンガ大賞」に輝いた入江喜和の「ゆりあ先生の赤い糸」(講談社)。この秋、かつてない地味でタフで明るい“踏ん張るおっさん主婦”ヒロインが、突然目の前に現れた夫の“彼氏”“彼女”“隠し子”と奇妙な同居生活を開始!? 時にぶつかり合い、時に手を取り合い……みんなで意識不明状態となった夫の介護に勤しみながら、これまで想像もしなかった数奇な人生と血の繋がりを越えた“家族”の絆を編み上げていく新時代のホームドラマ。現在TVerでは、第1話やダイジェスト、制作発表記者会見の様子などが配信されている。

前回の第1話では、穏やかだった主人公・伊沢ゆりあ(菅野)の人生が、物語冒頭からフリーフォールさながらに高速急転。なんと夫・伊沢吾良(田中哲司)が昏睡状態に陥ったばかりか、夫の“彼氏”・箭内稟久(鈴鹿央士)も出現! さらに吾良を自宅で介護し始めるも、義妹・伊沢志生里(宮澤エマ)は口ばっかりで介護放棄状態、そこへ持って来て夜中に姑・伊沢節子(三田佳子)の具合までも悪くなり……。目も当てられないトラブルが続発する中、ラストではダメ押しの衝撃展開。吾良を「パパ」と呼ぶ幼き姉妹、小山田まに(白山乃愛)と小山田みのん(田村海夏)までもが家を訪ねてきて……!?

彼女たちは吾良の“隠し子”なのか? 目を逸らすことのできない新疑惑が湧き上がる中、第2話では、ゆりあにまたしても容赦ない試練が降りかかる――。未だ問題は山積みの中、畳み掛けるように、まに&みのんの母親である2人目の愛人・小山田みちる(松岡茉優)が登場。 ゆりあの人生はさらに苛烈な第2ラウンドへと突入する。

夫には“彼氏”のみならず、“彼女”と“隠し子”までいた……!? まさかの事態に激しく動揺し、「離婚」の二文字までもが頭をよぎるゆりあ。そんな中、彼女は何とか気持ちを建て直しながら、入院中のみちるのもとを訪れることに。ところが、みちるがまに&みのん姉妹を預けるため連絡しようとした別居中の夫・小山田源(前原滉)は“とんでもない問題”を抱えていることが発覚。それを知ったゆりあは夫の“隠し子”かもしれない姉妹を、自らが預かると申し出る。

ゆりあと吾良の間には子供がいなかったため、“孫”ができて喜ぶ姑・節子。しかし、すべての問題を招き寄せた吾良をめぐって、ありえないほどこじれまくった感情の糸は、そうそう簡単に解けるわけがない。

なんと今回、「本妻・ゆりあvs夫の“彼氏”・稟久vs夫の“彼女”・みちる」の三つ巴対決がぼっ発! それぞれの思いが真正面からぶつかり合い、どこまでもヒートアップするバトルに、ボロボロになりながらもぐっと踏ん張り、どこまでも力強く立ち向かっていくゆりあ。はたして、バトルの行方やいかに……!?

画像ギャラリー

PICK UP