伊野尾慧“光”、ノリノリでVtuberのオタ活に「終始可愛かった」

公開:
伊野尾慧“光”、ノリノリでVtuberのオタ活に「終始可愛かった」

松岡昌宏が主演を務める『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系、毎週火曜21:00~)の第3話が10月24日に放送。ネット上では、三田園薫(松岡)の歌声に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

三田園、村田光(伊野尾慧)らは、1人で暮らす老婆・田浦加代子(前田美波里)の家に派遣された。「オレオレ詐欺」に引っかかった加代子を心配し、亡くなった息子の妻・西園寺渚(横山めぐみ)と孫の康太(福山翔大)​​が引っ越してきた。

康太は、幼少期以来会っていなかった佳代子の顔を見て驚愕する。強要されるかたちでやったオレオレ詐欺の受け子で、現金を騙し取った相手こそ、加代子だったからだ。そんな中、共に受け子をした先輩のヨシキ(高橋里恩)​に​強盗をしようと持ちかけられる。まさか、加代子の家もターゲットに? 一方、光は康太が自分の大好きなVtuber・オタのファンだと知って……。

強盗の親玉・パンサー(パパイヤ鈴木)とヨシキが加代子宅を襲撃。三田園の案内である部屋を開けると、加代子が歌い踊っていた。なんとオタの正体は加代子だったのだ。強盗を成敗したあと、三田園は「離れていても〜」とオタの歌を歌い始めた。その歌詞について「まるでどなたかにメッセージを送っておられるようですね」とつぶやく三田園。その歌詞は康太に向けたもので……。

ネット上では、三田園の歌声に「渋い」「イケボ」との声が。オタ活をする光に「終始可愛かった」「ノリノリ」とのコメントがあった。

次回は10月31日に放送。三田園は、天宮グループの社長・天宮雄一(伊武雅刀)に派遣される。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話~最新話、解説放送版、見どころ全部見せますスペシャルが配信中。

PICK UP