GACKT、若手シェフの料理に厳しいジャッジ「すべて想像の範囲」ネットで反響

公開:
GACKT、若手シェフの料理に厳しいジャッジ「すべて想像の範囲」ネットで反響

次世代のスター料理人を発掘するシェフ​​No.1決定戦『CHEF-1グランプリ2023』(ABC・テレビ朝日系)決勝戦が10月22日に放送。ネット上では、国民代表審査員・GACKTの評価に注目が集まった。

40歳未満​​の若手料理人が優勝賞金1000万円​​と日本一の称号を懸けて対決する本大会。全国各地から461名がエントリーし、4名のシェフが決勝に勝ち上がった。大会共通のテーマは「料理に革命を起こせ」だ​。

MCは、山里亮太南海キャンディーズ)と松下奈緒、ゲストは今田耕司森泉森香澄、スペシャルサポーターのさや香石井新山)。審査員は、有名店のシェフのほか、GACKTが務めた。

準決勝第一試合のテーマは「とんかつ」。先行のシェフは、肉と衣を分解する革命を起こした。他の審査員が10点満点中7点や8点をつける中、3点をつけたGACKTは「味は美味しいんですよ」と一定の評価はしつつも「ただすべて想像の範囲なんですよね」とバッサリ。続けて「革命というテーマにそぐっているのかな?」と述べた。後攻のシェフにも厳しい点をつけたこともあり、今田が「革命というのをやめませんか? だいぶこれでハードルが上がってしまっているような……」と本音を吐露し、笑いを誘った。

第二試合「インスタントラーメン」では、ある革命を起こした料理に審査員が唸る。GACKTも「革命に関しては8割方クリアしている」とし、高得点をつけた。そして、決勝のテーマ「すき焼き」では……。

ネット上では、厳しいだけでなく、美味しいものにはしっかりと評価するGACKTの審査について「すごくいい」「厳しい」「忖度なし」​​とのコメントがあった。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、決勝戦全編はもちろん、2回戦、3回戦など、これまでの激闘を振り返ることができる。

PICK UP