小池栄子“万里江”ら深堀家、父からの衝撃の告白で家族ゲンカが勃発!?

公開:
小池栄子“万里江”ら深堀家、父からの衝撃の告白で家族ゲンカが勃発!?

小池栄子が主演を務める水曜ドラマ『コタツがない家』(日本テレビ系、10月18日スタート、毎週水曜22:00~)が、10月18日にスタート。また、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

「彼女に頼めば離婚しない」という伝説のカリスマウェディングプランナーにして会社社長の深堀万里江(小池)が、廃業寸前の売れない漫画家の夫・悠作(吉岡秀隆)、アイドルを夢見るもオーディションで脱落し進路に迷う息子・順基(作間龍斗)、さらに熟年離婚で一人になった父親・山神達男(小林薫)を引き取り、ダメ男との日々にてんやわんやしながらも、時にはその温もりに涙しそうになりながら新しい家族の形を探していく、笑って泣けるネオ・ホームコメディ。現在TVerでは、予告映像やコタツ座談会SPが配信中。

<第1話あらすじ>
ウェディングプランナー会社の社長・深堀万里江(小池)は、夫・悠作(吉岡)と高校生の息子・順基(作間)の3人暮らし。

バリバリ働く万里江の一方、悠作は廃業寸前の漫画家で、ニート生活を送っていた。朝はゲームのコントローラーを握ったまま、飲み散らかした残骸の傍らで寝落ち。頼まれた家のことも放ったらかし。

順基はといえば、大学の推薦がかかる大事な時期に、2日も学校に行ってないことが判明。その原因が、アイドル・オーディションに落ちたせいだとわかり、怒る万里江にのらりくらりと言い訳ばかりの2人。そんな日々が続いていた。

そんな、悠作のことを、唯一気にかけている編集者の土門幸平(北村一輝)が、手土産片手にやってきた。「結婚したせいで漫画が描けなくなった」と愚痴る悠作に土門は、「だったら自分が離婚するまでを漫画にしろよ」と爆弾発言。

そして突然万里江の父・山神達男(小林)が、山中で警察に保護されたという連絡が入る。達男は2年前に熟年離婚をしていて、万里江はそれを苦に自殺を考えたのかと迎えに走る。

とりあえず深堀家に一泊した達男は、機嫌よく得意の料理で3人をもてなすが、やがて衝撃の事実を口にし、楽しいはずの食卓が次第に不穏な空気に。そしてそれぞれが抱えていたお互いの不満が、ここにきて大爆発! 壮絶な家族ゲンカへ……。果たして彼女に平穏な日々は訪れるのか!?

画像ギャラリー

PICK UP