萩原利久「泥歴史」から生まれ変わるきっかけをくれた曲を明かす!

公開:
萩原利久「泥歴史」から生まれ変わるきっかけをくれた曲を明かす!
「ハマスカ放送部」を見る

OKAMOTO'Sハマ・オカモト齋藤飛鳥による音楽トーク番組『ハマスカ放送部』(テレビ朝日系、毎週月曜24:15~)が10月16日に放送。お酒を楽しむ齋藤のレア映像にネット上で反響があった。

誰にでもある辛くて切ない「泥歴史」から生まれ変わるきっかけをくれた曲「Birth泥(デイ)song」を紹介するコーナーにVTR出演した萩原利久。萩原はオーディションの開始時間を間違え、1時間も遅刻してしまい「消えたかった」と落ち込んだ際に救ってくれたというコブクロの「DOOR ~The knock again~」を紹介。「それ以来、そのレベルの遅刻はしてない」とコメントする萩原は、MC2人に「そのレベル?」「遅刻はしてるんだ」とぼやかれた。

その後、音楽にまつわる都市伝説が本当なのか嘘なのかを予想し、実際に検証する「巷に溢れる音楽都市伝説解明SP」を実施。予想が正解すると高級おつまみが贈呈され、大吟醸を楽しめる。

まずは、猫が眠ると噂の「Lullaby For A Cat」(EPIK HIGH)という曲で「猫30匹全寝かせチャレンジ」。悩みながらハマは「本当」齋藤は「嘘」と予想し、検証VTRがスタート。齋藤は、可愛い猫たちの姿を「可愛いなぁ」とほっこり笑顔で見守るが、猫たちが眠ることはなく……。食後のリラックス状態で試すと、30匹中8匹は眠ったものの「猫30匹全寝かせチャレンジ」としては失敗。予想を当てた齋藤には「本ずわいがに塩辛」が贈呈され「うわぁ~美味しい」と味わい、大吟醸をグビッ。その美味しさに思わず「うまっ」ともらした。

続いて、頭の中で曲が流れ続ける「ディラン効果」の検証で、またもや予想を当てた齋藤に「本からすみ」が贈呈され、齋藤は大吟醸をグビグビ。ハマに「本日(の企画)いかがでしたか?」と聞かれ「美味しかったぁ~」と満足気に答える齋藤。「ん~、違う違う違う!」とハマのツッコミが入り、大笑いとなった。

なかなか見ることの出来ないお酒を楽しむ齋藤の姿に、ネット上では「可愛い」「レア映像!」との声が上がった。

PICK UP