橋本涼のイケボが話題!ドラマ『Maybe恋が聴こえる』で『呪術廻戦』にアフレコ

公開:
橋本涼のイケボが話題!ドラマ『Maybe恋が聴こえる』で『呪術廻戦』にアフレコ

大和奈央が主演を務めるよるおびドラマ『Maybe恋が聴こえる』(TBS、毎週月曜~木曜深夜)が、10月16日より放送スタート。アニメ『呪術廻戦』のアフレコを行う音瀬陸役・橋本涼の“イケボ”に注目が集まった(以下ネタバレが含まれます)。

恋愛に目もくれず、友達も作らず、声優になるために青春のすべてを捧げてきた桃井蕾未(大和)は、徳島から上京し、人気声優学校・東京ACT声優学院へ入学。『スラムダンク』の桜木花道に憧れ天才キャラを作っていた蕾未は、元人気子役で実力派の陸に「凡人が」と悪態を飛ばすものの、同級生への自己紹介で挨拶すらマトモにできず、1日でメッキがはがれてしまう。

しかし、地元の母親に電話で初登校の感想を聞かれると「めっちゃ褒められちゃって!」と見栄を張る蕾未。母親に払ってもらった入学金と学費、しめて251万8000円を無駄にしないと約束しており、明日からは失敗しないようにと川原で自主練を始める。

その翌日も学校でコソ練に励んでいた蕾未。誤って何かの再生ボタンを押してしまうと、『ハチミツとクローバー』の台詞が聴こえてくる。蕾未はその声に恋をして……。

SNS上では橋本の声が話題に。「イケボすぎんか!?」「この声でささやかれたい!」「声優のお仕事もやってほしい」というコメントが上がっていた。

次回、第2話は10月17日に放送される。

PICK UP