小池栄子「この中で一番大人」息子役の作間龍斗にエール

公開: 更新:
小池栄子「この中で一番大人」息子役の作間龍斗にエール

水曜ドラマ『コタツがない家』(日本テレビ系、10月18日スタート、毎週水曜22:00~)の制作発表会見が10月15日、都内で行われ、主演の小池栄子ほか、共演者の吉岡秀隆作間龍斗小林薫が出席した。

「彼女に頼めば離婚しない」という伝説のカリスマウェディングプランナーにして会社社長、仕事はバリバリの深堀万里江(小池)がヒロインの本作は、万里江が、廃業寸前の売れない漫画家の夫・悠作(吉岡)、アイドルを夢見るもオーディションで脱落し進路に迷う息子・順基(作間)、さらに熟年離婚で一人になった父親・山神達男(小林)を引き取り、ダメ男との日々にてんやわんやしながらも、時にはその温もりに涙しそうになりながら新しい家族の形を探していく、笑って泣けるネオ・ホームコメディ。

会見はスタジオセットの中で行われ、小池は家族シーンの撮影を振り返って「楽しいです」と笑顔を見せる。「会社のシーンもあって、いろいろな方と会う場面もあるのですが、ここでの撮影は家族だけの撮影。ホッとします」とその理由も明かす。「自分の甘えを出せる、頼れる存在はやっぱり家族。お父さんには特に甘えられるので、楽しいなと思いながらやっています。(小林は)気軽に話を聞いてくださるいい先輩です」と共演者へのリスペクトを口にする。

演じるヒロインの万里江については「なんだかんだで(相手を)許してしまうところ」「男子という生き物を可愛いと思ってしまう」と自身との共通点を述べる。また、家族とのコメディなやり取りも楽しんでいるといい、「コメディというとハードルが上がるので、そこはホームコメディということで。みなさんが自分と近しい部分を見つけて楽しんでいただければ」と呼びかけた。

小池は「家族とうまくやるコツ」について聞かれると、「うまくやっていこうとは特に思っていなくて、せっかく家族になったんだったら、何かあれば一緒に乗り越えられる、楽しめる関係になればいいなと思います」「家族と向き合うと喧嘩したりするので、向き合うのではなく、同じ方向を見るという。それがコツだと思います」と持論を展開した。

吉岡は妻役の小池について「素晴らしい、完璧。気骨で、女武将のような感じ」と大絶賛。「ポスターの通り、引っ張ってもらっている感じ。スタッフの方への対応も素晴らしいし、小池さんに任せっぱなしで、安心して悠作のままでいられる」と話す。小林も本作の撮影を振り返り、「期待以上に面白い作品になっている」とコメント。

作間は小池の息子役。「面白かったです。万里江に感情移入しながら(仕上がりを見て)頑張れって気持ちになりました。ダメな男3人がいろいろな話を展開するので、母親の気持ちがわかったことはないけど応援したい気持ちになるんです。他の3人の気持ちもわかって、いろいろあるよなって」と感想を述べる。

小池についても佐久間は「全部乗っかって身を預けている感じがあります」と述べ、「撮影の合間もやりづらさが全くなくて、小池さんが『大丈夫?』と気遣ってくれたりするんです。すごいお三方と一緒にやらせてもらっているので最初は緊張でガチガチでしたが、それも数日で解けてありがたいなと思います」としみじみとコメント。これに小池も「堂々としていますよ。この中で一番大人」と作間にエールを送っていた。

画像ギャラリー

PICK UP