土村芳​​“結花”ショック…夫が5人の女性と不貞行為「不倫絶倫大車輪なんです」

公開:
土村芳​​“結花”ショック…夫が5人の女性と不貞行為「不倫絶倫大車輪なんです」

土村芳が主演を務める新ドラマ『インターホンが鳴るとき』(テレビ大阪ほか、毎週水曜24:00~)が10月11日に放送。第1話にして、主人公の田中結花(土村)が、夫・真治(堀井新太)の不倫を目撃する衝撃展開が待ち受けていた(以下、ネタバレが含まれます)。

スーパーで働く結花は、建築デザイン会社に勤める真治(堀井)と息子の優真(塩崎忍)​​と幸せに暮らしていた。そんなある日の夜、女性(須藤宝子/水崎綾女)が真治を訪ねてきた。借りた金を返したいという。

真治に事情を聞くと、飲みに行った際にお金が足りなくて困っているところを助けたらしい。タクシーで同乗して帰ったのもあって、家の存在も知られた、とのこと。夫から説明を受けはしたが、結花​​はモヤモヤしていた。

パートから帰ると、ポストに結花宛の封筒が入っていた。中には「あなたは自分の夫のことを理解していない」とのメッセージが……。不安に苛まれた結花は、夜中にこっそり真治​​のスマホを見た。すると、そこには5人の女性との卑猥なやりとりが残っていた。結花はショックを受ける。

家族で行く予定だった花火大会当日。真治​​から「仕事が入った」とドタキャンされた。橋の上で佇んでいると、スーパーの客・佐伯海斗(古屋呂敏)に声をかけられた。彼と話す中、ふと橋の下に目を向けると、夫とインターホンの女の姿が! やがて2人はキスをする。結花は「あのキスをしている人、私の夫なんです。不倫絶倫大車輪なんです」とポツリ。花火の音と共に叫んで……。

ネット上では、不倫ドラマの展開に「ホラーかと思った」「怖い」との声があった。

次回は10月18日に放送。結花は、夫の不倫相手の女性を見つけ出し「排除」することを決意する。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、予告編が配信中。

PICK UP