阿部寛演じるミステリー作家の “M”、失踪した彼女を探しに…『すべて忘れてしまうから』スタート

公開: 更新:
阿部寛演じるミステリー作家の “M”、失踪した彼女を探しに…『すべて忘れてしまうから』スタート

阿部寛が主演を務めるドラマ25『すべて忘れてしまうから』(テレビ東京系、毎週金曜24:52~)が10月13日(金)より放送スタート。

同ドラマは、今最も注目される作家・燃え殻の同名エッセイを、国内トップクリエイターである岨手由貴子沖田修一大江崇允が手掛け、ディズニープラス「スター」で独占配信中の話題作。ミステリー作家の “M”(阿部)は、ハロウィンの夜に突然失踪した彼女“F”(尾野真千子)を探すことに。 しかし、人々が語る“F”は、彼の知らない顔を持っており、やがて驚きの秘密が明らかになっていく……。

<あらすじ>
ミステリー作家として生計を立てている“M”(阿部)は、お気に入りの店を書斎替わりに、人間観察をしながら執筆作業をする日々を送っている。特にお気に入りは、“BAR灯台”と“喫茶マーメイド”。そこでMは常連の客たちと、他愛もない日常を共有し、誰かといながらも一人気ままに過ごすような都会の生活を送っている。

そんな折り、Mが執筆している雑誌の編集者・澤田(渡辺大知)から、新しい連載のためのエッセイを書いてみないかと提案される。しかしMは気が乗らず、返事は保留に。Mには恋人“F”(尾野)がいる。些細なケンカをきっかけに連絡を取らないまま3週間が経った時、“BAR灯台”に、Fの姉(酒井美紀)と名乗る女性が現れる。

ハロウィンの夜からFが音信不通で行方不明だという。姉は、恋人であるMが妹を殺したんじゃないかと詰め寄るが、Mは彼女の居場所すら見当もつかず困惑する。静かなMの日常に少しの変化が訪れ始める……。

画像ギャラリー

PICK UP