星乃夢奈“梨里杏”の死から1年――板谷由夏“一葉”は早乙女家への潜入に成功するが…

公開:
星乃夢奈“梨里杏”の死から1年――板谷由夏“一葉”は早乙女家への潜入に成功するが…

板谷由夏が主演を務める『ブラックファミリア~新堂家の復讐~』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)第2話が、10月12日に放送される。

同ドラマは、『ブラックスキャンダル』『ブラックリベンジ』に続く“ブラック”シリーズ第3弾、完全オリジナルの復讐ミステリー作品。謎の死を遂げた 女子高生の家族が、愛する娘の死の真相を追うため、ホームパーティーが行われた実業家一家やその関係者に様々な姿になりすまし近づき、意外な真実を暴き復讐していく“なりすまし”一家による復讐ミステリー。なお、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、最新話のほか、ダイジェスト映像や予習動画が配信中。

前回放送された第1話は、TVerで100万回再生を突破。娘の新堂梨里杏(星乃夢奈​)が謎の不審死を遂げ、母・一葉(板谷)ら新堂家の面々は、死への関与が疑われる早乙女家への復讐を誓うという展開に、SNS上では「目が離せない」「復讐どうなる」「怖すぎる」​​との声があがっていた。

第2話では、梨里杏の死の謎を明らかにするための新堂家の復讐が、ついに実行開始! 知られざる早乙女家の謎も、少しずつ明らかに……?

<第2話あらすじ>
新堂一葉(板谷)たち新堂家は、愛する梨里杏(星乃)の死の真相解明と復讐を誓った。ターゲットは、早乙女ホールディングス社長の早乙女秋生(平山祐介)を当主とする早乙女家。

彼らが梨里杏の死に関わっているのではないか、と疑う一葉たちは、早乙女家への潜入を画策する。五十嵐優磨(森崎ウィン)は、早乙女ホールディングス創業者で秋生の父・泰造(小野武彦)について調べていた。泰造は、早くに亡くした妻・美代子を今も忘れられないでいるという。

一葉は、夫・航輔(山中崇)に美代子と似せたメイクを施してもらい、泰造に近付く。泰造が一葉に美代子の面影を重ねるように仕向けるという作戦だった。ジャーナリストになった一葉の長女・沙奈(渡邉理佐)は美代子に関する情報を集め、一葉の手助けをする。狙い通り、泰造は一葉に心を許すようになる。

一葉は泰造に頼まれて、美代子がよく作っていた郷土料理を早乙女家で振る舞う。その味は、早乙女家の人々を満足させる。一葉の料理が気に入った秋生の妻・麗美(筒井真理子)は、友人を招くティーパーティーの軽食を一葉に任せる。

一葉が早乙女家への潜入に成功し、やっとここまでたどり着いたと喜ぶ新堂家。梨里杏を失ってから1年が経っていた。

そんな中、沙奈が新情報をもたらす。梨里杏が学校の屋上から転落した時に航輔が見た人影は、担任教師の高瀬卓郎(カトウシンスケ)だった可能性が高いという。高瀬と早乙女家のつながりが判明すれば、真相に近付けるに違いない。しかし高瀬は、すでに学校を辞めて行方不明だった。

パーティー当日、一葉は料理の傍ら、早乙女家の内部を探る。一葉が秋生の部屋に盗聴器を仕掛けようとしたその時、秋生の息子・倫太郎(塩野瑛久)が現れ――!?

画像ギャラリー

PICK UP