『時をかけるな、恋人たち』吉岡里帆“廻”と永山瑛太“翔”が出会う!魅力全開SFラブコメに「最高すぎる」【ネタバレあり】

公開:
『時をかけるな、恋人たち』吉岡里帆“廻”と永山瑛太“翔”が出会う!魅力全開SFラブコメに「最高すぎる」【ネタバレあり】

吉岡里帆が主演を務め、永山瑛太が共演する『時をかけるな、恋人たち』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)の第1話が10月10日に放送。ネット上では、常盤廻(吉岡)と井浦翔(永山)のかけあいシーンほか、ドラマの設定に絶賛の声が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

広告代理店で働く​​廻は、後輩の広瀬航(西垣匠)に恋をしていた。しかし、彼が婚約したと聞いてショックを受ける。その夜、やけ酒で泥酔した廻は、公園にて先輩と後輩の一線を越えられなかったことを激しく後悔した。

そうして落ち込んでいると、突然、ベンチごとワープした廻。そこは、タイムパトロール隊員がいる不思議な空間だった。彼らから、一緒に違法なタイムトラベラーを取り締まってほしい、という依頼があった。歴史を変える恐れもあるため、許可のないタイムトラベルは、罪になるらしい。

流れで参加することになった廻は、路上ミュージシャン・綿谷ジュン(吉澤嘉代子)の活動を応援していた23世紀人の横井大知(泉澤祐希)の取り締まりを手伝う。最終的に、互いの記憶を消したことで、ことなきを得た。

無事に任務を遂行した廻だったが「あれで良かったんだろうか?」と悩む。彼女は、自分に何かできることがあったのでは、とタイムトラベルの勉強をはじめた。

そんな中、廻は翔から「僕は再び君に会うために、この時代にやって来た。廻、また会えて嬉しいよ」と抱きしめられた。初対面ではないような口ぶりに廻は困惑して……。

ネット上では、奇想天外なストーリー展開に「面白かった」「最高すぎる」とのコメントがあった。また、思いが通じ合っていたジュンと大知の記憶を消すシーンに「切ない」というコメントも寄せられた。

次回は10月17日に放送される。工事現場で働く古市ヒロキ(南出凌嘉)が、23世紀から家出してきたことが発覚する。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、見どころスペシャルほかが配信中。

PICK UP