松下洸平、神尾楓珠の「モテる」堂々発言に「俺も言いたい!」

公開:
松下洸平、今田美桜
松下洸平、今田美桜

10月12日にスタートする多部未華子松下洸平今田美桜神尾楓珠の4人が“クアトロ主演”を務める木曜劇場『いちばんすきな花』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~ ※初回は20分拡大SP)の記者会見が10日、ユナイテッドシネマ・アクアシティお台場にて開催。主演の4人が登壇し、本作のテーマ“男女の間に友情は成立するか”について話し合う場面があった。

社会現象とも呼ばれた『silent』(2022年10月期)の村瀬健プロデューサーと脚本家・生方美久氏が再びタッグを組んだ本作。“男女の間に友情は成立するのか?”をテーマに、違う人生を歩んできた4人の男女が紡ぎ出す“友情”と“恋愛”、そしてそこで生まれるそのどちらとも違う“感情”が丁寧に描かれる。

多部は「唯一心を許せた異性の友達が、結婚を機に友達では無くなってしまった」潮ゆくえ役。松下は「結婚を考えていた彼女を、彼女の男友達に奪われた」春木椿役。今田は「友達になりたいだけなのに、異性というだけで勝手に恋愛と捉えられてしまう」深雪夜々役。神尾は「友達の友達もみんな友達と思っていたが、気付けば本音を話せる相手はいなかった」佐藤紅葉役を演じる。

多部未華子
多部未華子

会見では、夜々が勤める美容室を椿が訪れるシーンが紹介された。椿にクロスをかけている場面なのだが、このシーンの撮影中に、松下は命の危機に陥っていたのだそう。

松下洸平
松下洸平

夜々の「苦しくないですか?」という問いに「苦しくない」と答えている椿だが、これはリテイクが使用されたもの。松下いわく、その前のテイクで「本当に殺されそうになった」というくらいキツく絞められたと話す。

クロスの下に巻くタオルの生地が厚すぎたことが原因だそうで、今田は「“苦しくないですか?”と聞きながら、絶対苦しいだろうなと思ってた(笑)」と大爆笑。その場面を想像し、観客からも笑い声が漏れる。

松下洸平、今田美桜
松下洸平、今田美桜

そんな観客に、今作のテーマ“男女の間に友情は成立するか”のアンケートを取るコーナーも。結果は、成立する/しないが半々に分かれる形に。「やっぱ割れるんだ、このテーマ」と驚きをあらわにした多部は、成立しない派だと言う。

しかし、それ以外の3人は成立する派に。松下は「近所に住んでいたおばあちゃんと、マジですっごい友達だった。そういうケースもある」と、歳の差があれば成立するのではと自論。同じく「する派」の今田だが、「友達2人が成立すると思っていても、恋人がどう思っているかで変わって来るとわかった」とこのドラマを通じて考え方の幅が広がったと話す。

神尾楓珠
神尾楓珠

そして神尾だが、「高校生の時はしないと思っていたけど、大人になっていろいろな人の価値観を知り、成立することもあると思いました。高校時代はモテたくて、あわよくば恋愛に発展すればいいなと思っていた」と青春時代を告白。それに対し、MCが「実際、かなりモテたんじゃないですか?」と聞くと、神尾は「まあ、そうですね」とすんなり肯定。謙遜することない潔い答えに、松下は「かっこいい!」「俺も言いたい今の!」と憧れの眼差しを送っていた。

神尾楓珠、多部未華子、松下洸平、今田美桜
神尾楓珠、多部未華子、松下洸平、今田美桜

<第1話あらすじ>
学習塾「おのでら塾」で講師をする潮ゆくえ(多部)は幼い頃から二人組を作ることが苦手だったと感じている34歳。しかし、ゆくえには学生時代から気を許せる赤田鼓太郎(仲野太賀)という唯一無二の男友達がいる。出版社「白波出版」に勤める春木椿(松下)は、結婚を間近に控えた36歳。子供の頃から二人組になれなかった椿だが、妻というパートナーを得ようとしていた。深雪夜々(今田)は美容院「スネイル」で働く26歳の美容師。1対1で人と向き合うことに怖さを感じている。27歳の佐藤紅葉(神尾)は、コンビニで働きながらイラストレーターを夢見ていた。紅葉は小さい時から1対1で自分に向き合ってくれる人がいないという思いを抱えている。

ゆくえはいつものように赤田とカラオケで会っていた。普段と違っていたのは、赤田が結婚すると告げたこと。数日後、ゆくえは赤田から突然の別れを告げられる。赤田の結婚相手がゆくえという女友達の存在を快く思わなかったからだ。椿は恋人・小岩井純恋(臼田あさ美)と新居の家具選びなどを楽しんでいた。だが、椿は純恋を“彼女の男友達”に持っていかれてしまい、結婚は白紙に。夜々は美容師の同僚と2人で飲みに行くのだが、友達以上の関係を迫られ、なぜ普通の友達でいられないのかと辟易。

そんなある日、紅葉はとある住宅を訪ねる。家から出てきたのは椿。紅葉が訪ねた人はすでに引っ越していて、そこには純恋と暮らすはずだった椿が住んでいたのだ。そこに、ゆくえと夜々も訪れ、年齢も性別も過ごしてきた環境も異なる4人の男女が顔を合わせ……。

画像ギャラリー

PICK UP