前田敦子“由香里”、さとうほなみ“翠”から衝撃の事実を聞き…

公開:
前田敦子“由香里”、さとうほなみ“翠”から衝撃の事実を聞き…

深川麻衣が主演を務める新ドラマ『彼女たちの犯罪』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)第9話が、9月14日に放送される。

同ドラマの原作は、『ルパンの娘』『忍者に結婚は難しい』など、人気ドラマ原作を次々と手がける横関大の同名小説「彼女たちの犯罪」(幻冬舎文庫)。愛を求める日村繭美(深川)、自由を求める神野由香里(前田敦子)、正義を求める熊沢理子(石井杏奈)。それぞれに“普通の幸せ”を望み、葛藤を抱えながらも、それぞれの日常を暮らしていた彼女たちだったが、ある日、1人の女性の失踪事件をきっかけに、彼女たちの人生は、思いもよらぬ方向に進んでいく……というスリリングサスペンス。現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、最新話に加え、第1話~第3話、ダイジェスト映像が配信されている。

前回放送の第8話で、伊東の海に沈んだ遺体は玉名翠(さとうほなみ)ではなく、由香里を探していた遠藤ユカリ(南沢奈央)だったという衝撃の事実が浮かび上がった。実行日当日、ユカリは繭美ともみ合った際に転倒し意識不明に。計画が明るみになるのを恐れた繭美は、困惑しながらも、ぐったりとしたユカリを車に乗せ、伊東の海へ向かったのだった。

一方で、神野智明(毎熊克哉)の自宅前をうろついていたことで、通報され任意連行された田岡(前原瑞樹)の証言から、由香里が実は2人いることがわかり、「神野由香里」に成りすましていた彼女の本当の名前が“アイ”だということが明らかに。予想を超える展開で幕を閉じた。

第9話では、繭美と由香里が山の中で、血の付いた“あの女の私物”が燃えるのを見つめながら「私は本当の私じゃないんです」と繭美に告白する由香里。由香里の本当の名前は“アイ”。アイが由香里のふりをしたまま、医者である智明と結婚したという事実を知ったユカリは、買い物帰りの由香里に付きまとい、お金を要求していた。

一方、上原武治(野間口徹)は体調の悪い理子を心配しながらも、伊東の事件に関して、「熊沢さん次第で早く終わる可能性もあるんじゃないの?」と問いかける。由香里が宿泊していたホテルの防犯カメラに、なぜ理子が映っていたのか?「まだ間に合う。今自分から話せば――」という上原の言葉と同時に、理子はよろめいて……。

そんな中、偶然、翠と再会した由香里は、翠が生きていたことに安堵するも、思いもよらない衝撃の事実を知ることになる。いつ「その時」がきてもおかしくない状態であることを――。

画像ギャラリー

PICK UP