『灰色の乙女』桜井玲香“蔦子”、中田圭祐“莇”の寝室には入らない乙女っぷりに「怖いけどかわいい」【ネタバレあり】

公開:
『灰色の乙女』桜井玲香“蔦子”、中田圭祐“莇”の寝室には入らない乙女っぷりに「怖いけどかわいい」【ネタバレあり】

桜井玲香中田圭祐がW主演を務める『灰色の乙女』(MBS/毎週火曜24:59〜、TBS/毎週火曜25:28〜)の第2話が、9月12日に放送。鏡蔦子(桜井)の行動に、SNS上で「怖いけどかわいい」という声が上がった(以下ネタバレが含まれます)。

維井莇(中田)のお見舞いに来た蔦子は、病室の中から女の声がして驚く。脳内の“ダーク蔦子”が暴れ出しそうになるのだが、中にいたのは莇の母・楓(原扶貴子)だった。楓から「莇の部屋の鍵預かってないかしら?」と聞かれた蔦子。その場では「鍵は預かってない」と答えるのだが、事故の際に蔦子が回収して隠し持っていた。

その鍵を使って、莇の部屋に勝手に侵入した蔦子。ビニール袋に部屋の空気を溜めたり、勝手に私物を置いたり、カーペットに寝転んだりと好き勝手するのだが、寝室だけは「いつか莇くんが本当に私を愛してくれる時が来るかもしれないから……」と入るのを辞める。

この行動に、SNS上では「やることは大胆なのに乙女w」「変なところで純粋だから憎めない」といった声が見られた。

次回、第3話は9月19日に放送される。蔦子は、ボイスレコーダーで録音した莇が「ツタコ」と自分の名前を呼んでくれた声を会社で聞きながら嬉しくて涙を流しているところを、海堂菫(桃月なしこ)に目撃される。

PICK UP