若村麻由美“妙子”は「これで終わりにしよう」と言う木村佳乃“莉湖”に納得できず…

公開:
浜岡妙子(若村麻由美)
浜岡妙子(若村麻由美)

若村麻由美が主演を務める木曜劇場『この素晴らしき世界』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第8話が、9月7日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

平凡な生活を送る主婦が、ひょんなことから芸能界で活躍する大女優になりすましながら二重生活を強いられる、“なりすましコメディ”。現在TVerでは第1話~第3話、ダイジェストなどが配信中。

先週放送された第7話で浜岡妙子(若村)はテレビ局のディレクター・沖野島紀明(吉田宗洋)の悪事を暴くため、育田詩乃(平祐奈)をテレビ局に潜入させる。ネット上では沖野島の怪しい行動が話題になり、「やりたい放題だな」「悪い顔!」「カバンの柄があやしすぎる」といったコメントが寄せられた。

<第9話あらすじ>
浜岡妙子(若村)は夫・陽一(マキタスポーツ)と口論になり、家を飛び出した。行くあてのない妙子が「プロダクション曼珠沙華」に向かうと、事務所では比嘉莉湖(木村佳乃)が会社を畳む場合の資金整理の計算をしていた。莉湖は沖野島の問題に取り組む決意を固めたのだ。すると、妙子のスマホに育田詩乃(平)から沖野島のカバンを盗んだと連絡が入り、怪しい薬が入ったカバンを室井セシル(円井わん)に預けたとのことだった。

浜岡妙子(若村麻由美)、水田夏雄(沢村一樹)、比嘉莉湖(木村佳乃)
浜岡妙子(若村麻由美)、水田夏雄(沢村一樹)、比嘉莉湖(木村佳乃)

そんな中、事務所に安原光顕(西村まさ彦)がやって来て、海外の投資家たちに新会社の説明をして来たと莉湖に告げる。安原は曼珠沙華の社員、タレントを移籍させる会社を設立したと言う。すでに國東統次郎(堺正章)の了解も得ており、さらに新会社のメンバーとしてある人物を招き入れる。

安原に会社から追い出された莉湖は妙子に一連のことを謝り「これで終わりにしよう」と言うのだが、妙子は納得出来ない。翌朝、妙子は水田夏雄(沢村一樹)に会う。若菜絹代(若村・二役)が家に帰っていることを告げる夏雄に、妙子は莉湖が沖野島の件をあきらめたことを話す。夏雄も、自分には誰かの人生に口出し出来るような資格はないと言うが、やはり妙子は納得する事が出来ない。

浜岡妙子(若村麻由美)、あきら(中川大輔)、陽一(マキタスポーツ)
浜岡妙子(若村麻由美)、あきら(中川大輔)、陽一(マキタスポーツ)

妙子はある決意をして家族会議に臨み、家族との話を終えた妙子は莉湖に電話してある提案をする……。

画像ギャラリー

PICK UP