寺島進主演『駐在刑事』最新作にユン・ソンモ、浅田芭路、坪倉由幸、北原里英がゲスト出演

公開: 更新:
寺島進主演『駐在刑事』最新作にユン・ソンモ、浅田芭路、坪倉由幸、北原里英がゲスト出演

寺島進が主演を務める『駐在刑事』の最新シリーズ『駐在刑事SP2023』(テレビ東京系)が、9月25日(月)20時より放送されることがわかった。

『駐在刑事』は、2時間ドラマ7回、連続ドラマとしても2018年・2020年・2022年と、season3まで放送された大人気シリーズ。今回の特番は、昨年10月17日放送のスペシャル以来およそ1年ぶりの放送となる。

前回に引き続き、“夏の奥多摩”の美しいロケーションを背景に、かつては警視庁捜査一課の敏腕刑事、今は奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれている江波敦史(寺島)が、“義理と人情”で事件解決に挑む物語が展開する。

寺島のほか、警視庁捜査一課管理官・加倉井国広役の北村有起哉、山岳ガイド・内田遼子役の笛木優子、奥多摩署刑事課長・和泉玲香役の藤井美菜、水根旅館の息子・池原孝夫役の鈴之助、警視庁捜査一課刑事・金沢公之役の梨本謙次郎と輪島義男役の山口祥行、奥多摩署刑事・穴水虎夫役の徳井優、水根の住人・笹崎治子役の茅島成美、水根ストア店主・沢井啓太郎役のお宮の松とその娘・真紀役の小林星蘭、真紀の妹・ふたば役の玉野るな、水根旅館の女将・池原美也子役の市毛良枝らおなじみのレギュラーキャストや、昨年のスペシャルで初登場した警察庁捜査一課管理官・御子柴浩司役の福士誠治も引き続き登場する。

さらに、豪華ゲスト陣も一挙解禁。韓国から旅行で奥多摩に来たパク・ジョンホ役に、『婚活食堂』(BSテレ東)『Dr.チョコレート』(日本テレビ)、日本映画初主演作『ランサム』が公開されるなど活動の場を広げる元超新星のユン・ソンモ。パクの娘・ミヨン役にNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』ヒロイン・舞の幼少期役の好演が記憶に新しい浅田芭路。元医師・堀部工役にお笑いトリオ「我が家」のメンバーで近年は俳優としての活躍も目覚ましい坪倉由幸。加倉井管理官(北村)が追う事件に関わるホステス・新川琴音役にAKB48卒業後は女優に加え、「おかえり、めだか荘」(8月30日発売)で小説家デビューを果たした北原里英という、今回もSPドラマにふさわしい豪華な顔ぶれが集結した。

2023年夏の奥多摩は、外国人旅行客が増加。江波はひょんなことからパク・ジョンホ(ユン・ソンモ)とミヨン(浅田)親子の面倒を見ることになるが、2人はなぜか部屋に籠りっきり。特に江波は喋りも笑いもしないミヨンが気に掛かり……。そんな折、同じタイミングで都内では女性の刺殺体が、水根渓谷の浅瀬では男性の変死体が見つかる。2つの事件は意外な繋がりを見せ始めて――。なかなか進展が見られない2つの事件。捜査が難航する中、江波は鋭い観察力・推理力・刑事の勘とその人柄で、難事件に立ち向かっていく。

<寺島進(江波敦史 役)コメント>
――スペシャルドラマとして再び帰ってきた本作の台本を読んだ時の感想をお聞かせください。

政治では難しいかもしれないけど、ドラマの世界なら出来るかも!? 日本と韓国との友好交流関係が描かれてます。そしてそして! スペシャルドラマならではの盛り沢山な各シーンに早く出たく、早く撮影現場へ行きたくてワクワクしていたなぁ!

――ゲストの印象、そして再び集結したレギュラーキャスト陣との撮影はいかがでしたか。

ゲストは韓国が生んだ好青年スター! ユン・ソンモ。天才子役スターの浅田芭路ちゃん。『日本統一』レギュラーの番長こと北代高士。役柄が不明としておく坪倉由幸らの面々。レギュラー陣は、前回よりもはるか上回ってそれぞれの役柄の持つ個性が際立っております! 改めて、個々を活かしてくれたテレビ東京、東通企画のプロデューサー陣、現場総指揮でもある小林義則監督はじめ全スタッフに感謝だね!

――視聴者への見どころやメッセージをお願いいたします

笑いあり涙ありアクションあり義理人情ももちろんあり! 約10年続いてきた『駐在刑事』の中でも今回は最高傑作だと自信あります。9月25日夜8時からのオンエア、是非見なさい(笑)!

<ユン・ソンモ(パク・ジョンホ 役)コメント>
台本を翻訳してもらってゆっくり読んだら、読者としてハマってしまって、最初から最後まであっという間に読んでしまいました。ちゃんと演じられているかの判断は皆さんにお任せします。面白いストーリーが僕を通して皆さんに伝わると嬉しいです。寺島さんとの共演は初めてでしたが、親切すぎるぐらい、毎日毎日僕をいろんなことで守ってくれて、こんな先輩と出会えたことがすごく光栄です。芭路ちゃんは本当に可愛くて女優さんとしてもとても魅力的でした。今回出演している皆さん、スタッフさんは10年間一緒にやってきたということでチームワークとエネルギーが見えて、僕は邪魔にならないように頑張りました。ゲストとして出演したので今回でお別れするのは寂しいです、来年はどうなるかな!? 奥多摩の景色を見るのも面白いし、どんな事件が起こって結末がどうなるのか、最初から最後まで少しも見逃さないように集中してみて欲しいです。

<浅田芭路(ミヨン 役)コメント>
台本を読んだ時、悲しい事件の中にも人を思いやる気持ちやよりそう気持ちを感じて、悲しいけどあたたかい、やさしい気持ちになりました。撮影では寺島さんやみなさんが、ドラマ内と同じ気の合った、家族のような雰囲気でむかえてくださって、リラックスして過ごすことができました。寺島さんはパワーが溢れていて、みんなを笑わせてくれたり「暑いから水飲めよ~!」と声をかけたりしてくれて、とても元気が出ました! ソンモさんは、優しく、韓国の話を聞かせてくれたりしてすぐに大好きになって、撮影が終わるのが寂しかったです。このドラマでは困った人をほうっておかない駐在さんと奥多摩のみなさんの思いやりや人を信じる気持ち、ところどころ笑っちゃう警視庁のみなさんのシーンや、可愛いワンちゃんのプールや、たくさんあると思うんですけど、奥多摩に来てミヨンとパクの2人がどう変わっていくのかをぜひ見届けてほしいです!

<坪倉由幸(堀部工 役)コメント>
僕は堀部という役をやらせて頂いたのですが、今までやらせて頂いた役で一番最低な人間だなぁと思いました。堀部の事は嫌いでも僕の事は嫌いにならないでください。撮影現場に着くまでの景色は美しいし「バーベキュー」とか「キャンプ」と書いてある看板がいくつも現れてきて、遊びに行きたい気持ちになるんですが「オレは堀部だ! 川遊びなんかする人間じゃないんだ!」と自分に言い聞かせながら現場に向かいました。主演の寺島進さんは見た目とは裏腹にとても優しい方で、撮影中誰よりも声を出して「暑いけどみんな頑張ろうぜ~」とゲキを入れてくれたり、仲のいい共演者やスタッフの方をイジってみんなを笑わせたり、現場を和ませてくれていました。心優しい駐在さんとキレイな奥多摩の景色と堀部という汚い人間をぜひ見てください。

<北原里英(新川琴音 役)コメント>
この度、『駐在刑事SP2023』にゲスト出演させていただくことになりました。キャストさんたちの仲の良さやスタッフさんへの気持ちの許し方など、撮影中には節々からこのドラマの歴史を感じることができました。このような歴史あるドラマに参加することができて光栄です。最初に台本を読んだときは、物語の切なさに思わず涙が出ました。自分の役の悔しさを思うと、本当に胸が苦しいです。短い出演時間の中でどれだけぶっきらぼうに、だけど確かな愛を表現できるのか、そこに向き合いました。 わたしは残念ながら奥多摩での撮影を経験できなかったのですが、完成した作品の中で奥多摩を感じるのを楽しみにしています!

画像ギャラリー