沢口靖子“マリコ”、イギリスから指示を出す黒幕Xによる強盗殺人に挑む!

公開:
沢口靖子“マリコ”、イギリスから指示を出す黒幕Xによる強盗殺人に挑む!
「科捜研の女 season15」を見る

沢口靖子が主演を務める『科捜研の女 season23』(テレビ朝日系、毎週水曜21:00~※この日は20:00~初回2時間SP)が、8月16日にスタート。また民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

科学捜査ミステリーの原点にして最高峰である『科捜研の女』が新たな伝説をスタート! 科捜研ワールドに欠かせない全レギュラーキャストも集結。科学捜査×人間ドラマが融合した至高のミステリーを描き出す。

Season23の初回で榊マリコ(沢口)たちが挑むのは――今、日本を震撼させている“強盗殺人”! 徳重聡市毛良枝が親子役でゲスト出演する。

<第1話あらすじ>
インテリアショップの経営者宅に2人組の覆面強盗が押し入り、鉢合わせした主人が殺害される事件が起きた。榊マリコ(沢口)ら科捜研メンバーは遺留品の鑑定のほか、認証技術を駆使して容疑者の追跡を開始。

土門薫(内藤剛志)は、所轄の刑事・阿久津誠也(徳重)と組んで捜査に乗り出すが、被害者の妻・圭子(小橋めぐみ)に事情を聴いたところ、事件の夜は夫婦そろって旅行に出かける予定だったとわかる。夫が発熱したため急きょキャンセルしたというが、犯人は留守にする情報を入手し狙っていたのだろうか――!?

そんな中、マリコは容疑者のひとりが残した手袋から指紋の採取に成功。それが2年前に起きた未解決の“警察官かたり詐欺事件”の容疑者・伊藤剛一(篠原悠伸)と一致する。この詐欺事件は、京都府警捜査二課刑事の母親が警察官を名乗る詐欺犯にだまされて現金を奪われたというもので、被害に遭ったのはほかでもない阿久津の母・敏子(市毛)だった。

阿久津はかつて特殊詐欺などを扱う二課の敏腕刑事だったが、敏子が遭遇した被害が二課の一員としてあるまじき失態ととらえられたのか、事件直後、所轄署への異動を命じられたという。

マリコと君嶋直樹(小池徹平)は、手袋を残した男が2年前の詐欺師・伊藤と同一人物か確認するため敏子のもとを訪問。しかし、敏子は詐欺に遭った恐怖から疑い深くなっており、マリコたちを詐欺師の仲間と勘違いして大騒ぎする。

さらに、もうひとりの強盗犯と思われる謎の男・芦田勉 (森田甘路)がどうやら電車で逃走したことが判明。

その後、事件を追うマリコの目の前で爆破事件が発生し、第二の被害者が……! すべては謎の指示役“X”の仕業なのか!? なんと、Xはイギリス・ロンドンから強盗を指示していたらしいことも発覚!? マリコと土門は事件の背後に見え隠れする黒幕Xを追うが……!?

画像ギャラリー