遠藤憲一&高橋克典“対極すぎる同期コンビ”でW主演!『警視庁追跡捜査係-交錯-』

公開:
遠藤憲一&高橋克典“対極すぎる同期コンビ”でW主演!『警視庁追跡捜査係-交錯-』

遠藤憲一高橋克典がW主演を務めるドラマ『警視庁追跡捜査係-交錯-』(テレビ東京系、20:00~)が、8月7日(月)の『月曜プレミア8』枠にて放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

原作は、人気作家・堂場瞬一による累計発行部数120万部突破の警察小説「警視庁追跡捜査係」シリーズ第1弾となる「交錯 警視庁追跡捜査係」(ハルキ文庫)。本シリーズは今年で13年を迎え、1月には第11弾となる最新刊「不可能な過去」が刊行されたばかりの人気作で、性格も捜査方法もまったく異なる追跡捜査係の同期コンビが、難航を極める未解決事件を追う、警察ミステリーサスペンスだ。

“警視庁捜査一課追跡捜査係”とは、わずか5人の精鋭部隊……というと聞こえはいいが、上層部の思い付きで発足した部署。強行班係が捜査に行き詰った未解決事件を独自の視点で追加検証し解決に導くのが任務にも関わらず、強行班係には邪魔者扱いされて――。

そんな追跡捜査係のエースとして事件を追う“対極すぎる同期コンビ”を務めるのは、沖田大輝役の遠藤と西川大和役の高橋。また、追跡捜査係で捜査にあたる刑事・酒井智文役に河相我聞、同じく刑事・萩野正敏役に葵揚、係長・鳩山哲也役に正名僕蔵。さらに、強行犯係の刑事でありながら、捜査係を常に気に掛ける三井さやか役にファーストサマーウイカ。西川の妻・西川美也子役に中山忍。追跡捜査係が追う2つの事件の一つ、新宿・無差別殺人犯刺傷事件の被害者で心を閉ざしてしまった息子の母・本多響子役に観月ありさ。もう一つの事件、青山・貴金属強盗殺傷事件の鍵を握る人物に袴田吉彦片山萌美らが登場する。

<あらすじ>
“警視庁捜査一課追跡捜査係”は未解決事件を独自の視点で追加検証し解決に導く部署。今は2つの事件を追跡中だ。ひとつは“足で稼ぐ”が信条の沖田大輝(遠藤)が追う、休日の新宿で発生した刺傷事件。無差別殺人が起きたが、捜しているのはその犯人を背後から刺した人物だ。世間では無差別犯を阻止したとしてヒーロー扱いする者も。

もうひとつは頭脳派の西川大和(高橋)が追う、深夜の青山で発生した貴金属店強盗傷害事件。覆面5人組が押し入り高級時計を強奪した。逃走中の犯人はプロ集団と見られているが、西川は所々に素人っぽさを感じていて……。

あまりに対照的で何かと対立する同期2人が追跡する事件は、いずれも有力情報がなく捜査は難航。しかも強行犯係には邪魔者扱いされ、協力者は三井さやか(ファーストサマーウイカ)だけ……。そんな状況下でも新情報を掴もうと奔走する中、やがて2つの事件は思いもよらぬ形で交錯することとなる――。

画像ギャラリー

PICK UP