畑芽育“ひかり”、山下幸輝“藤原”とキス…!?

公開:
畑芽育“ひかり”、山下幸輝“藤原”とキス…!?
最新エピソードを無料視聴

畑芽育が主演を務める『最高の生徒 ~余命1年のラストダンス~』(日本テレビ、毎週土曜14:30~※一部、変更の場合あり/※関東ローカル)第3話が8月5日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にてディレクターズカット版が配信される。

本ドラマは、日本テレビ系「土曜ドラマ」枠で放送される松岡茉優主演の『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』のクロスオーバー作品。同作の舞台となる鳳来高校3年の隣クラスを舞台に、恋愛、友情、家族、一生分の体験を1年という有限の時間で生きる女子高校生の青春が描かれる。

第3話では主演、畑芽育の演じる伴ひかりが余命1年でしたいこととして、ノートに記載していた「制服デートする」「好きな人とキスをする」という願望がテーマとなる。

そして、以前はひかりたちと一緒に行動をしていた、3年D組の藤原大志(山下幸輝)。彼がひかりたちグループと距離を取った理由、高校のダンス部から離れた理由が明らかに。それには美山志乃(齊藤なぎさ)も関わった、1年前のとある事件がきっかけとなっていた。

藤原はその事件により、掃きだめクラスといわれている3年D組に……。藤原が事件を起こした本当の理由とは?

<第3話あらすじ>
遺伝性の病気により余命一年の伴ひかり(畑)。ひかりは「私の高校生活には、最後のピースがずっと欠けている」という。ひかり達と疎遠になったダンスの全国大会でも準優勝の実績を持つ藤原大志(山下)。

藤原が、ひかりやその仲間達と疎遠になったのは美山志乃(齊藤)に関する過去の事件。藤原は、志乃と藤原の先輩・堂本(木村慧人)が2人でいる時のある写真を目撃。それが理由で喧嘩沙汰となり、ダンス部を退部、ひかり達とも疎遠になってしまったのだ。藤原は、誰にも言わなかった事件の本当の理由をひかりへ打ち明ける。その時、ひかりがとった行動とは?

画像ギャラリー

PICK UP