染谷将太“椎名”&堀田真由“咲”の過去が明らかに!?

公開:
染谷将太“椎名”&堀田真由“咲”の過去が明らかに!?

坂口健太郎が主演、染谷将太が共演する日曜ドラマ『CODE―願いの代償―』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)第6話が、8月6日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

婚約者を失い絶望の淵におちた刑事が、その死の真相を追い求める中で、「どんな願いも叶える」という謎のアプリ「CODE」を手にして展開される物語。果たして、恋人の死の真相とは――? 謎のアプリの背後に潜む陰謀とは――? 幾重にも重なる事件と欲望が渦を巻く、ノンストップ・クライム・サスペンス。現在TVerでは、第1話~第3話、最新話のほか、オリジナルストーリー、各話ダイジェストなどが配信されている。

前回第5話では、「CODE」任務を受けた甲斐篤志(青柳翔)が、田波秋生(鈴木浩介)を撃つという展開に、SNS上では「完全に騙された」「驚いた」との声があがっていた。

<第6話あらすじ>
指名手配中の甲斐篤志(青柳)によって、田波秋生(鈴木)が撃たれてしまった。ストレッチャーに乗せられ、運ばれる田波に付き添う二宮湊人(坂口)は、ショックを隠しきれない。「どうか助けてください!」と医者に伝えるが……。同じ頃、「CODE」から「任務完了」のメッセージが届き、満足げな様子の甲斐がいた。

一方、“制裁”から逃げる三輪円(松下奈緒)は、「CODE」について知っている事を椎名一樹(染谷将太)に話していた。

そして椎名と円の前に、二宮が現れる。その裏では、「制限時間内に二宮湊人、三輪円を殺害して下さい」という任務を受けるモニターたちが迫っていた。果たして二宮はどうなってしまうのか!?

さらに、復讐のために「CODE」を調べているという椎名と三宅咲(堀田真由)の過去も明らかになる。

画像ギャラリー

PICK UP