異様な笑顔を浮かべた男性が女性と共に線路へ…霊感のある主婦が身の毛もよだつ心霊体験『憑きそい』

公開:
めぐみ(山田真歩)は駅のホームで2人の男女が飛び込む瞬間を見てしまう
めぐみ(山田真歩)は駅のホームで2人の男女が飛び込む瞬間を見てしまう

山田真歩が主演を務めるホラードラマ『憑きそい』が、フジテレビが運営する動画配信サービスFODで配信中。第1話「黒い服の人」では、山田演じる霊感の強い主婦・山川めぐみの心霊体験が描かれた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、イラストレーター兼占い師でもある山森めぐみのホラーマンガを原作とした全9話からなるFODオリジナルドラマ。普段は見落としがちな日常の一コマにフォーカスしながら、めぐみの周囲で起きる身近な恐怖を切り取っていく。

めぐみは男の異様な笑顔を忘れられないでいた
めぐみは男の異様な笑顔を忘れられないでいた

子供と出かける途中に、めぐみは駅のホームで女性と黒い服の男が線路に飛び込む瞬間を目撃する。男は異様な笑顔を浮かべており、めぐみは「あの人の顔、頭にこびりついちゃって」と夫のジュン(山崎樹範)にこぼす。しかし、ニュースによれば飛び込んだのは女性1人だけだという。

そんなある日、趣味の四柱推命で客のケイコ(福田沙紀)を占っていためぐみは、ケイコからあの黒い服の男が写った写真を見せられる。男はケイコ夫妻の後ろに漫然と立っており、「この日から夫がなんか変で」と打ち明けられためぐみは、ケイコの自宅を訪れることに。

ケイコ(福田沙紀)はめぐみにあることを相談する
ケイコ(福田沙紀)はめぐみにあることを相談する

不穏な空気の漂うケイコの自宅で、めぐみは何者かの気配を感じる。帰宅した夫はケイコが言う通り無気力な様子で、生気の抜けたような顔をしていた。めぐみから「見えてますよね?」と問いただされると、ケイコの夫は「僕が悪いんです。少し前に会社の同僚と飲みに行った帰り、事件現場に出くわしました」と、きっかけになった出来事について話し始める。

めぐみと周囲の人々が体験するのは、ありふれた日常に潜む恐怖。原作のホラーマンガが実体験をもとに描かれているだけあり、ドラマでもリアリティのある描写によって、背筋がゾッと冷たくなるような瞬間を演出している。また、出演者による迫真の演技や不気味な音楽なども効果的に作用。見る者の恐怖心を掻き立てる“ジャパニーズホラー”の真髄を堪能してみては。

画像ギャラリー

PICK UP