松村北斗×西畑大吾のバディから目が離せない!『ノッキンオン・ロックドドア』スタート

公開:
松村北斗×西畑大吾のバディから目が離せない!『ノッキンオン・ロックドドア』スタート

松村北斗SixTONES)と西畑大吾なにわ男子)がW主演を務める本格ミステリードラマ『ノッキンオン・ロックドドア』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~※初回は拡大SP)が7月29日にスタートする。放送を前に見どころや押さえておくべきポイントを紹介していく。

探偵事務所「ノッキンオン・ロックドドア」のW探偵&共同経営者として手を取り合う巻き毛&黒のタートルネックが特徴の“不可能”専門探偵・御殿場倒理(ごてんば・とうり/松村)とスーツ姿の「地味眼鏡」こと、“不可解”専門探偵・片無氷雨(かたなし・ひさめ/西畑)。御殿場は密室犯罪や衆人環視の毒殺など不可能犯罪のトリック=HOWの解明を得意とし、一方、片無はダイイングメッセージや現場の遺留品などから、動機や理由=WHYを読み解くことが得意で、二人は“自分たちに解決できない事件はない”と常に自信を漲らせている。

第1話ではそんな2人に早速依頼が舞い込む。依頼主は夫である有名画家・四ノ宮英夫(信太昌之)を密室状態のアトリエ内で何者かに刺殺されてしまった妻・四ノ宮由希子(高畑淳子)。彼の代表作の絵1枚が真っ赤に塗りつぶされるなど、どこまでも違和感と謎が深まる前代未聞の密室殺人事件に2人が挑む。

原作は、新時代のミステリー作家・青崎有吾が上梓した同名タイトルのシリーズ小説。メイン監督を務めるのは2014年1月放送の『トリック 新作スペシャル3』以来、9年半ぶりにテレビ朝日のドラマでメガホンを取る鬼才・堤幸彦だ。堤監督は松村&西畑と初タッグになるといい、堤ワールドの中で、松村と西畑がどんな化学反応を起こしていくかにもぜひ注目して欲しい。

2人を取り囲むバイプレイヤーも魅力的なキャストが多数出演する。御殿場と片無の大学時代のゼミ仲間でもある警視庁刑事部捜査一課の刑事・穿地決(うがち・きまり)には石橋静河が扮する。また探偵事務所「ノッキンオン・ロックドドア」でアルバイトをする女子高生・薬師寺薬子(やくしじ・くすりこ)を畑芽育が演じ、彼女ならではのキュートな演技で物語に華を添える。探偵事務所「ノッキンオン・ロックドドア」に依頼人を斡旋する仲介屋・神保飄吉(じんぼう・ひょうきち)役に扮する東京03角田晃広も随所でいい味を出している。

第1話では他にも御殿場と片無の恩師である、春望大学社会学部の教授・天川考四郎(あまがわ・こうしろう)を演じる渡部篤郎の演技にも注目したい。天川はまだ学生だった2人に「観察」と「推論」の大切さを叩き込んだ、すこぶる頭脳明晰な人物である。2人のほかにも警視庁刑事部捜査一課の刑事・穿地も教え子であり、本作全体を通して、重要なキーパーソンとなっていくのは間違いないだろう。

画像ギャラリー

PICK UP