松岡茉優主演『最高の教師』関連作品の総再生数が300万回を突破!

公開:
松岡茉優主演『最高の教師』関連作品の総再生数が300万回を突破!

松岡茉優主演のドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)。このほど、第1話(7月15日)のOA版・ディレクターズカット版、さらには、毎週土曜14時30分から放送・TVer独占配信されている、隣のクラス“C組”での出来事を描いたZドラマ『最高の生徒 ~余命1年のラストダンス~』第1話も合わせて、関連作品が放送5日目でTVerなどAVODの総再生数300万回を突破した。

卒業式の日、鳳来高校3年D組の教師・九条里奈(松岡)は、上階の吹き抜け廊下から突き落とされてしまう。最後に見た光景は生徒の手。制服の袖には「3年D組 卒業おめでとう」と記されたコサージュ​​がついていた……。「死にたくない!」と願った瞬間、彼女は始業式の日の教室に戻っていた。九条の目の前にいるのは、1年後に自分を殺す30人の容疑者(生徒)たち。真相を突き止めるため、本気で生徒と向き合う彼女の戦いが始まる!

第1話のOA版・ディレクターズカット版、『最高の生徒』第1話も合わせて、関連作品が放送5日目でTVerなどAVODの総再生数300万回を突破。6日目の最新数値では320万回を超えた。これは、第1話の8日間再生数に関して、日テレ系ドラマの関連作品を含めたAVOD再生数としては早くも歴代1位の記録となっており、まさに破竹の勢いを見せている。OA後にはTVerの総合ランキングでも堂々の1位を獲得し、Twitterのトレンドで日本1位になるなど、記録づくめの初回であったが、今後もさらなる記録更新が期待できそうだ。

気になる第2話でも、教師と生徒が激しくぶつかり合う、魂の演技シーンが満載! 第2話からは森田望智が早乙女智美(さおとめ・ともみ)役としてレギュラー出演する。ストーリーの展開はもちろん、毎話毎話に込められたキャスト&制作陣の熱量あふれる芝居合戦に注目だ。

<第2話あらすじ>
「私は、何でもします」――3年D組全員が心の底から笑って卒業できるように、そして自分自身が1年後“生徒に殺されないため”に、この教室を変えなければならない……強い覚悟を持って「2度目の1年」に臨む高校教師・九条里奈(松岡)。

前回の人生で寄り添うことができなかった生徒・鵜久森叶(芦田愛菜)に起きていた仕打ちを文字通り“何でもして”暴きだした九条は、教室に一つの変化の兆しを与えたのも束の間、夫・蓮(松下洸平)から離婚届を突き付けられてしまう。理由も分からないまま離婚を受け入れた前回と同じ轍は踏みたくないと思う九条。でも一体どうすれば……。思い悩む九条を、突如、目出し帽をかぶった男たちが襲う。彼らの目的とは!?

一方、3年D組の教室は週明けから様子が一変。今まで鵜久森を無視していた生徒たちが、何事もなかったように笑顔で鵜久森に話しかけてくるのだ。奇妙なほど「普通」な教室の空気……。

そんな中、親の借金に苦しめられている瓜生陽介(山時聡真)の「ある瞬間」が気になった九条は家庭訪問と称して瓜生のアパートに乗り込む。そこで九条が見た光景は――。

お金の価値、友情の真意を問う、涙の授業が始まる。