飯豊まりえ、主演ドラマ脚本の野島伸司が“書く言葉”は「魔法みたい」

公開:
飯豊まりえ、主演ドラマ脚本の野島伸司が“書く言葉”は「魔法みたい」

8月6日にスタートする飯豊まりえ主演、野島伸司が脚本を務めるドラマ『何曜日に生まれたの』(ABCテレビ・テレビ朝日系、毎週日曜22:00~)の制作発表会見が7月16日に開催され、飯豊、溝端淳平早見あかりシシド・カフカ陣内孝則らが登壇した。

漫画家の父・丈治(陣内)と二人暮らしをする27歳の黒目すい(飯豊)は、ほぼ引きこもりの家事手伝い。彼女が部屋に閉じこもってから10年、丈治の連載打ち切りが決定した。担当編集者の来栖久美(シシド)は、生活のために「なんでもやります」とすがる丈治に、大ベストセラー作家の公文竜炎(溝端)原作、丈治が作画を担当するコラボを提案した。公文からの条件は、すいを主人公のモデルにすることで……。ラブストーリーなのか、ミステリーなのか、人間ドラマなのか、それとも社会派なのか、新しいかたちのドラマが始まる!

すいが引きこもりになったのは、高校時代に起こしたバイク事故が原因だった。本作では、バイク事故の真相も明かされていくのだが、飯豊は「高校時代と現代の世界観が混じりあって、こういう展開は面白いと思いました。撮影のはじめは、高校のシーンも多かったので、学園ドラマを撮っている気分にもなって」と笑顔に。続けて「(登場人物が)個性的でミステリアスで、一筋縄ではいかないですし、見てくださるみなさまが、この作品を自由に受け取って、楽しむのが一番いいんじゃないかなと思います」と述べた。

子役とのユニークなやりとりを語ったのは陣内。子役からなんと呼べばいいかと聞かれ「先生」と呼ぶように伝えたという。そんな陣内の思いとは裏腹に「先生」と呼ばれない日々が続く中、先日、ようやく「先生、おはようございます!」と言ってくれたのだとか。しかし「なんか校門の前に立っている先生に言っているみたいで……。(俳優の)若山富三郎さんみたいな感じで呼んでほしかったのに、アイツは芸能界的なニュアンスを分かっていない!」とツッコミを入れて笑いを起こした。

シシドと早見は姉妹役で出演する。顔が似ていると話題になると、シシドは「顔の濃さがどことなく似ているのかな」と返答。早見も「さっき分析したんですけど、眉毛と鼻の形が似ているんじゃないかって(話していた)」と振り返った。

お互いの印象として、シシドは「(早見は)テレビでお見受けしている通り、快活な方というのはそのまま。今回の(公文と謎の同居生活を送る)来栖芽衣という役が早見さんに合っていると思いました。芽衣と公文のかけあいを見ているのが、すごく好きです」と述べた。

一方、早見は、シシドが挑んだあるシーンに驚愕したと回顧。リモートでのやりとりを撮影する際、画的なことを鑑みて、本物のリモート機能は使わなかったとのこと。そこで、シシドは名前が書かれたところに視線を向け、台詞を喋っていたという。早見が「技術力が必要なことをやっていらっしゃるのに、当たり前のようにされているのが、素晴らしいなと思いました」と伝えると、シシドは「嬉しい。ありがとうございます」と返した。

野島の脚本について、今の時代を取り入れた作品だと絶賛する溝端。続けて「(ドラマとしては)ミステリアスで謎が多い。野島さんの作品が毎話上がってくるたびに、読み手として続きが気になるんですけど、演じる側としてはものすごくプレッシャー」と苦笑いを浮かべた。続けて「プレッシャーと楽しみが表裏一体ですし、そういった気持ちで台本を読むというのも、なかなかない経験だと思いました」と振り返った。

過去に野島作品に出演した経験がある飯豊は、野島の脚本について「野島さんの書かれる言葉が魔法みたいで、どうやってそんな言葉が生まれるんだろう、って思います。野島さんの頭の中が気になります」と印象を吐露した。

ここで、野島がステージに登壇。本作が誕生したのは、コロナの存在が大きかったという。1人暮らしをはじめた大学生が、憧れのキャンパスライフを想像していたのにも関わらず、何年間もリモート授業に。想像と現実の剥離があって、退学してしまったケースがあった、と語る。「(そういったことが)ずっと引っかかっていたんで、今回何をやるにしろ、数年間キラキラした青春を送れなかった子に寄り添おうかな、というのが、最初の考えですかね」と明かした。

ドラマ『愛しあってるかい!』(1989年)で野島作品に出演している陣内は、野島の作品が、当時よりも、より深くなっていると表現しつつ「キャラクターを掘り下げて、ちゃんと演じなきゃダメだと感じています」とコメント。また、今年、65歳を迎える陣内の年齢を気にして「できるだけロケに出ず、セットで済ませるように脚本を書いてくださっている」と陣内が明かすと、野島は「途中で降板されると困るので、陣内さんの体調管理を考えて書いたつもりです」と返し、笑いを誘っていた。

このほか、占術研究家の水晶玉子を招き、この夏の最強運勢は“何曜日生まれ”なのか、生まれた曜日で運勢を占い、その結果を発表するコーナーも行われた。

画像ギャラリー