松岡茉優“九条”「30人の容疑者」を前に震え…『最高の教師』スタート

公開: 更新:
松岡茉優“九条”「30人の容疑者」を前に震え…『最高の教師』スタート
最新エピソードを無料視聴

松岡茉優主演のドラマ『最高の教師 1年後、私は生徒に■された』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)が、7月15日にスタート。また、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

卒業式の日、鳳来高校3年D組の教師・九条里奈(松岡)は、上階の吹き抜け廊下から突き落とされてしまう。最後に見た光景は生徒の手。制服の袖には「3年D組 卒業おめでとう」と記されたコサージュ​​がついていた……。「死にたくない!」と願った瞬間、彼女は始業式の日の教室に戻っていた。九条の目の前にいるのは、1年後に自分を殺す30人の容疑者(生徒)たち。真相を突き止めるため、本気で生徒と向き合う彼女の戦いが始まる!

<第1話あらすじ>
鳳来高校3年D組の担任教師・九条里奈(松岡)は、涙一つ流れぬ卒業式を迎えていた。様々なハラスメントや人間関係に配慮が必要なこの時代に、そしてたった一つのミスが人生を180度変えてしまうこの時代に、九条は教師としてただただ適切な距離と適切な判断を選ぶだけの1年を過ごした。そんな1年に感動や感傷の思いはない。そこにあるのは無事に1年を終えたことに対しての「安堵感」だけであった。

巣立つ生徒を上階の吹き抜け廊下から見つめる九条。青く澄んだ空を見つめ、心にある葛藤を吐き出すように溜息をもらし、職員室へ戻ろうとした、―――その時。九条の背中に強烈な衝撃を受ける。上階から落下する九条。慌てふためく中、その視界に入ってきたのは、自分の背中を押したであろう何者かの「生徒の手」であった。その 「犯人の手元」には“D組 卒業おめでとう”と記された深紅のコサージュが。

「……私は生徒に殺された」。そう理解し正に地面に着きそうになった……その瞬間、―――ハッ! と目を開けると、なぜかそこは3年D組の教壇の前であった。目の前には30人の生徒。黒板には「令和5年4月6日」という1年前の始業式の日付。笑顔でクラスメイトと会話をする生徒たちを見て……九条の手は震える。なぜなら、今九条の目に映る人々は―――1年後、自分を殺す「30人の容疑者」だからだ。

自分の「死」の未来を変えるため、生徒との向き合い方を改めていく九条。しかし、教師の思いを生徒に届けるということがとても難しいこの世の中に、九条はある「覚悟」を決めることとなる。

自分を殺した生徒は誰か。そしてこの1年の中で「離婚」をすることになっていた夫との関係、友人関係や職場の人間が織りなす空気。九条の人生の中に存在する全てと立ち向かう二度目の1年が、今始まる――。

あなたが聞きたかった言葉、巡り合いたかった人は、きっとこのドラマの中に居る。

画像ギャラリー

PICK UP