小芝風花、“健康オタク”成田凌にアドバイス請う「唇の端が切れてしまったんですけど…」

公開:
小芝風花、“健康オタク”成田凌にアドバイス請う「唇の端が切れてしまったんですけど…」

7月17日に初回15分拡大SPでスタートする成田凌が主演、小芝風花がヒロインを務めるドラマ『転職の魔王様』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)の制作発表が7日、都内で行われ、成田と小芝のほか、石田ゆり子山口紗弥加藤原大祐おいでやす小田前田公輝が登壇して、ドラマの見どころなどを語った。

「転職の魔王様」の異名を持つ毒舌敏腕キャリアアドバイザーが、求職者の仕事や生き方への悩みをな言葉で一刀両断しながらも、働く自信と希望を取り戻させる“転職”爽快エンターテインメント。

小芝風花
小芝風花

小芝は「私の役も含めて、毎話毎話、いろいろな転職をしたい人が出てくるんです。転職とはその人にとって生き方を決めることでもあるんですけど、原作を読んでいて、転職をしたい人の理由は本当に人それぞれで、その人の価値観で生きたいように生きるとか、生活を豊かにするために転職をするというは決して悪いことではないんだなと知ることができました」と述べる。「いろいろな人の人生岐路を見て、転職を考えている人の背中を押せる作品になっていると思います。ぜひ見てほしいです」と本作の完成度にも自信たっぷり。

石田ゆり子
石田ゆり子

本作では小芝の台詞量が多いことが共演者の間で話題になっている様子。石田は、「風花ちゃんに聞きたい。私、最近台詞をパッと忘れちゃうところがあるんです。この物語の台詞は固有名詞が多くて、すごく覚えにくいんです。風花ちゃんはものすごい量の台詞があるのにきちんと覚えてきているので、どんな風にして覚えているのか教えてほしいです」と質問。

これに小芝は、「ノーマルですよ」と回答。「口に出して何回も読むんです。自分の耳に入れながら覚えます。録音もしないです。読んで覚えるタイプなんです。頭の中で忘れても口を動かせば台詞が出てくるくらい、何回も練習します」と覚え方を紹介した。

成田凌
成田凌

一方、小芝は成田の健康志向な一面にすごく興味があるとのこと。「成田さんは健康オタク。詳しいのでいつもアドバイスをくれるんです。今日、私、唇の端が切れてしまったんですけど、どうすればいいですか」と成田に問いかける一幕も。成田はこれに「唇だけ(知識が)弱いんです」と困りながら、「同じような傷ができたら、ずっとベロベロします。(傷を)舐めちゃうんです」と回答すると、小芝が「舐めるのは良くないです」と逆ツッコミを入れて笑いをとった。

成田は主演として本作の見どころを聞かれると、「仕事を決めることは人生を選ぶこと。人は生きているといろいろな悩みを抱えるもの。もし悩んでいる人がいたら、『私たちがいるよ』って、教えてあげたいです。そういう方たちにとって、絶対見てよかったって思えるドラマになっているはずです。明日、また玄関を出るのが楽しみになるようなドラマになればいいなって思っています。みなさんの背中をちょっとだけ押してあげれるドラマにしたいです」と話していた。

また、毒舌キャラを演じることについても、「毒舌というのは愛情のある人にしか言わない。本気で応援している100%以上の愛情がないと、そういう言葉は出てこない。また、自分もそういう言葉を喰らわないと本当の姿が見えてこなかったりする」と独特の見解を話して、登壇者を感心させていた。

画像ギャラリー

PICK UP