坂口健太郎主演『CODE』第1話のTVer再生数が100万回を突破!

公開:
坂口健太郎主演『CODE』第1話のTVer再生数が100万回を突破!

坂口健太郎が主演、染谷将太が共演する日曜ドラマ『CODE―願いの代償―』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)。7月2日に放送された第1話の民放公式テレビ配信サービス「TVer」の再生数が、100万回を突破した。

同ドラマは、婚約者を失い絶望の淵におちた刑事・二宮湊人(坂口)が、その死の真相を追い求める中で、「どんな願いも叶える」という正体不明のアプリ「CODE」を手にして展開される物語。果たして恋人の死の真相とは――? 正体不明のアプリに潜む陰謀とは――?

初回が7月2日に放送され、放送中にはTwitterで関連ワードがトレンド入りするなど大きな盛り上がりを見せた本作品。衝撃の展開が怒涛のように押し寄せる物語に話題が集まった。放送後、TVerで見逃し配信がスタートすると、放送翌日にはTVer再生数ランキングで1位を獲得。その後も多くのファンが作品を視聴し、再生数は配信開始から3日間で100万回を突破した。

さらに、TVerでは第1話と第2話を繋ぐ物語となるオリジナルストーリー「Episode1.5『新たな証言』」も配信中。本編では描き切れなかった、二宮を取り巻く椎名一樹(染谷)、三宅咲(堀田真由)らの素顔、思惑がたっぷりと描かれている。こちらのオリジナルストーリーを含む番組関連動画を合わせると再生数は200万回に到達。多くの人が緊迫した物語がスピード感溢れる展開で描かれるCODEの世界を堪能している。

なお第2話は7月9日に放送。二宮の元へ、亡くなった恋人・七海悠香(臼田あさ美)のことで重要な情報を持っているというフリーの記者・椎名から連絡が入る。

PICK UP