小野花梨「温かい気持ちになってくれたら」軽度知的障害がある女性を演じる上で意識したこと『初恋、ざらり』

公開: 更新:
小野花梨「温かい気持ちになってくれたら」軽度知的障害がある女性を演じる上で意識したこと『初恋、ざらり』

小野花梨さんと風間俊介さんがW主演を務めるドラマ24『初恋、ざらり』(テレビ東京系、毎週金曜24:12~)が、7月7日よりスタートします。

SNSを中心に話題となり「このマンガがすごい!2023」にもランクインした、ざくざくろ著の同名作を実写ドラマ化した本作。軽度知的障害と自閉症がある上戸有紗(小野さん)が、新しいアルバイト先の先輩である岡村龍二(風間さん)との出会いをきっかけに、恋に落ち、彼の優しさに触れることで変化していく心境が描かれます。

このたび、本作で地上波の連続ドラマ初主演となる小野さんにインタビュー。作品の印象、障害のある有紗という役を演じる上で意識したこと、またW主演を務める風間さんの印象などを聞きました。

有紗が一生懸命生きて、恋をして、成長していく物語

――本作へ出演が決まってのお気持ちを聞かせてください。

小学6年生の時に『鈴木先生』(2011年)という作品でテレビ東京のドラマにお世話になりました。あの作品があったからこそ、今の自分がいると思っています。そんなテレビ東京で初めての主演をやらせていただけること、本当にありがたいです。

――この作品に初めて触れた際の印象は?

知的障害があることから自己肯定感が低く、その劣等感から新たな失敗を生んでしまう有紗なのですが、知的障害の有無に関係なく人と比べて落ち込んだり自信が持てなかったりする感情にはとても共感できました。原作を読んで、悩みながらも一生懸命生きて不器用ながらも岡村さんを愛する有紗がとても愛おしく、いつのまにかそんな有紗を応援しながら自分の未熟さも愛せるような感覚になりました。

――障害ではなく、有紗の人間性にフィーチャーした物語になっていると。

その通りです。知的障害のある方のインタビューを見させていただきましたが、調べれば調べるほど症状や感情は十人十色だということがわかりました。ですから最終的には知的障害のある人を演じるのではなく、有紗はこんなことが苦手でこんな過去があったからこんなことに敏感でこんなことに傷つく……というように作っていきました。

――そんな有紗という役をどのように作っていったのですか?

言葉がすぐに出てこない、自分の感情を言語化することが苦手、手先が不器用なので人が当たり前に出来ていることが難しい……といった表現をしています。話すトーンやスピードも監督やスタッフさんと話し合いながら微調整を繰り返しました。

――演じる上で特に難しかったことは?

小さい頃からこのお仕事をしていることもあって、反射的に何かを言うという癖がついているようで、なかなか言葉が出てこない有紗とは会話のテンポ感に大きな相違がありました。撮影してまもないうちは一言発するだけでもトーンやテンポ、間に悩みました。

――特に注目してほしいポイントはありますか?

有紗は知的障害があるが故に慢性的な劣等感を強く持っているのですが、障害の有無に関わらず不安になったり人と比べて落ち込んでしまったりすることってあると思うんです。恋愛においても自信がなくなって言いたいことが言えずに、結果的に相手を傷つけて、自分も傷つく……というようなことって多くの人が共感できるのではないかと思います。

でも有紗を演じさせていただいて、その不器用さや必死さをとても愛おしく感じました。有紗を通して、自分のざらりとした部分を少しでも可愛く思えるような時間になればいいなと思います。

風間俊介の魅力がありすぎる!現場の裏で光る優しい心遣い

――W主演を務める風間さんの印象を聞かせてください。

もう、(魅力が)ありすぎて! どうすれば簡潔に風間さんの魅力をお伝えできるのかわからないのですが(笑)非常にバランス感覚に優れた方で、周囲の人たちが今どんな状態なのかを見て、その中で自分はどういう立ち振る舞いをしたら最善のピースになりえるかを常に考えている方です。風間さんは1も話してないのに10を理解してくれるんです。そこに恐ろしさも感じつつ (笑)、人間的に素晴らしいお方だと思いました。

――風間さんは裏でどのような立ち振る舞いを?

時間のない中で撮影しているので、現場がバタバタして疲れが目立つスタッフさんも出て来てしまいました。そんな時、みんなの前ではなくこっそりしたところで、そのスタッフさんに風間さんが「元気?」「大丈夫?」と優しい言葉をかけていて。そんな小さな心遣いも欠かさない、本当に素敵な方だと思いました。

――最後に、放送を楽しみにしている視聴者へメッセージをお願いします。

たくさんの人に愛されている原作の主人公・有紗を演じられる喜びと共に、恐怖心と責任感を感じながら 作品を作っていきました。私が原作を読んで感じた有紗のかわいらしさを、信頼できるスタッフとキャストの皆様と言葉を交わしながら精一杯表現しました。やっと皆様のもとにお届けできる喜びと少しの不安はあるけれど、どうかよろしくお願いいたします。

スタイリスト:髙橋美咲(Sadalsuud)
【衣装クレジット】トップス:Y’s/ジャケット、パンツ:daichïogata/イヤリング:GARNI/リング:アビステ /シューズ:スタイリスト私物

<第1話あらすじ>
軽度知的障害と自閉症がある上戸有紗(小野)。“普通”に憧れを持ち、自己に強い劣等感を抱く彼女。夜はコンパニオンとして働いているが、昼は障害を隠して運送会社で働くことに。

必死にメモを取りつつも、言葉の意味が分からず戸惑う有紗。そんな有紗に優しく声をかけてくれたのが職場の岡村龍二(風間)だった。常識的なことを質問しても気兼ねなく教えてくれる岡村。そんな岡村の優しさに、有紗は恋心を抱いていく。

画像ギャラリー