菅田将暉“一颯”、視聴者の魂をも震わせる伝説の授業をもう一度『3年A組』TVerで配信中!

公開:
菅田将暉“一颯”、視聴者の魂をも震わせる伝説の授業をもう一度『3年A組』TVerで配信中!

菅田将暉主演のドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系/2019年)が、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて期間限定で配信されている。​​

現在TVerでは、名作ドラマ特集が開催中。150作品を超える過去の名作や最新の話題作が集結。すべて無料で楽しむことができる。

本作は、菅田演じる私立魁皇高校3年A組の担任・柊一颯が、卒業まで残り10日となった日に、茅野さくら(永野芽郁)を含む29人の生徒を集め、突然「今から皆さんは、僕の人質です」と告げるところからスタート。生徒役には、今をときめく森七菜望月歩萩原利久​​、堀田真由神尾楓珠​​​​​​、大原優乃​​、川栄李奈​​、今田美桜​​、福原遥​らが出演しており、永野含む生徒たちのやりとりも目が離せないドラマだ。​

第1話で一颯は、数か月前に亡くなった3年A組の生徒・景山澪奈(上白石萌歌​)​が自殺した本当の理由を答えるように、と生徒たちに問いかける。もし、不正解だった場合は、誰か一人に死んでもらう、と言う。生徒たちはパニックになるが……。

現在、第1話、8〜10話(最終話)まで配信中の本作。当時、このドラマを追いかけていた人はもちろん、物語の後半戦ではあるものの、胸にグサリとくる台詞やシーンが多々あるので、初見の人でもおすすめ! 

そんな本作の見どころは、何といっても一颯が人質となった生徒たちに行う魂の授業にある。中でも伝説となったのは最終話。彼の心からの訴えには、​​視聴者自身も自分の行動を考え直すきっかけになるはずだ。これまでのドラマとは一線を画すギミックを仕掛けた『3年A組』。このドラマの“生徒”になったつもりでご覧いただきたい。

PICK UP