本郷奏多&⼤沢⼀菜がW主演!叔父と姪のひと夏の出来事を描いたヒューマンコメディ『姪のメイ』

公開: 更新:
本郷奏多&⼤沢⼀菜がW主演!叔父と姪のひと夏の出来事を描いたヒューマンコメディ『姪のメイ』

本郷奏多と⼤沢⼀菜が、9月7日より放送がスタートする木ドラ24『姪のメイ』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~)でW主演を務めることがわかった。

本ドラマは、姉夫婦を事故で亡くした主人公・小津(本郷)が姪っ子・メイ(大沢)を1か月だけ引き取ることになり福島へ仮移住する、というひと夏の出来事を描いたヒューマンコメディ。都会で育った現代的な思考をもつ32歳独身男子と芸術家肌で達観した12歳の女子……というミスマッチな2人の距離の変化に注目だ。

ロケは実際に福島12市町村(※)で行われ、前向きに生きる地元の人たち、近年増加する移住者たちの姿を映し出す。(※福島12市町村……東日本大震災の際、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う避難指示の対象となった田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村を指す)

主人公・叔父の⼩津役を演じるのは、本郷奏多。テレビ東京のドラマには、2014年放送の主演作『なぞの転校生』以来、実に9年振りの出演に。姪のメイ役には、映画『こちらあみ子』(2022年)で主演・あみ子役で鮮烈なデビューを飾り、『季節のない街』(2023年Disney+)への出演も控える新星・⼤沢⼀菜。本作がテレビドラマ初出演となる。

また本作は、ギャラクシー賞を受賞したドラマ『直ちゃんは小学三年生』(テレビ東京)シリーズを手がけた青野華生子プロデューサーが企画・プロデュース。物語の大切な要素である“2011年生まれの子供”と“福島”がリンクした、笑えて心温まる作品となっている。

脚本は、エレキコミック、エレ片、ナイツなどの舞台の構成作家を務める小川康弘、監督は、映画『スクロール』(2023年)などの清水康彦ほか、音楽は、名ギタリスト・音楽プロデューサーで『池袋ウエストゲートパーク』(2000年、TBS)の劇伴や『サンクチュアリ-聖域-』(2023年、Netflix)のメインテーマなどを手がけてきた會田茂一が担当する。

<小津役:本郷奏多 コメント>
姪のメイ、小津役を演じさせていただくことになりました。小津というキャラクターは、非合理的なことを嫌ったり、物事に対して少し冷めた見方をしたりする現代的な青年です。しかし、不器用ながらも心の芯は優しい人物なので、メイの奔放さや純真さと触れ合うことによって徐々に性格にも変化が見えてきます。また、広大な自然と穏やかな風景が広がる福島というロケーションも大きな見どころのひとつです。復興に向けて力強く生活している現地の方々のお力も借りて、メイ役の大沢さんと一緒に素敵な作品を作り上げていきたいと思います。メイと小津、ふたりの空気感を楽しんでください。

<メイ役:大沢一菜 コメント>
今回メイ役を演じさせていただく大沢一菜です。メイの好きなところは、両親が亡くなってもそれを受け止めて前向きに生きようと頑張るところです。小津との絆、福島で暮らす個性的な近所のみんなとの絆がどんどん深まっていく姿を見て前向きな気持ちになってもらえたら嬉しいです。頑張るので、放送を楽しみに待っていてください!

PICK UP