坂口健太郎、ツボに入り笑い止まらず「一通り笑い終わらないと…」

公開:
坂口健太郎、ツボに入り笑い止まらず「一通り笑い終わらないと…」

坂口健太郎が主演、染谷将太が共演する日曜ドラマ『CODE―願いの代償―』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)が7月2日にスタート。このほど、制作発表記者会見が横浜のホテルにて開催され、坂口、染谷、松下奈緒堀田真由が出席した。

婚約者を失い絶望の淵におちた刑事が、その死の真相を追い求める中で、「どんな願いも叶える」という謎のアプリ「CODE」を手にして展開される物語。果たして、恋人の死の真相とは――? 謎のアプリの背後に潜む陰謀とは――? 幾重にも重なる事件と欲望が渦を巻く、ノンストップ・クライム・サスペンス。松下、堀田、玉山鉄二三浦貴大鈴木浩介臼田あさ美青柳翔ら芝居巧者で豪華な面々の出演、さらに主題歌としてUVERworldの「VICTOSPIN」もこれまでに発表されている。

会見にて意気込みを求められた坂口は「挑戦的なことをやろうとしている作品。一瞬で物事が進む作品なので、ながら見ではなく、1時間を『CODE』のためにください」と熱い思いを語った。

そして他キャストも、「台本も面白いし本当にノンストップなんです! 毎回山場なので演じがいがあります!」(染谷)、「作品にスピード感があるので、ハラハラドキドキする中に円という女性がエッセンスとして入れられたらいいなと思って撮影しています!」(松下)、「自分自身の中のハッカーという役の捉え方にギャップを持たせたいなと思っています!」(堀田)とそれぞれに作品への思いを語った。同ドラマの中で繰り広げられる、重厚なサスペンスの世界観、ノンストップで進む展開など作品の魅力がキャストからたっぷりと披露された。

そして、「撮影現場で『CODE』を使って叶えたい願いは?」という質問には、「現場にマッサージを呼んで欲しい」(堀田)、「現場でBBQがしたい」(松下)、「現場にサウナを入れて欲しい」(染谷)とそれぞれが撮影現場で満喫できるイベントの開催を要望。最後の回答者となった坂口は「今日の会見の終わりに控えているドラマ撮影を休日にして欲しい」と答え、「今日このまま全員の願いが叶えられるのではないか?」と、一同が大盛り上がりをする一幕も。

さらに、スタッフから「坂口健太郎は、一度ツボに入ったら笑いが止まらなくなる」というタレコミが入り、三浦演じる百田優との緊迫した場面でも笑いが止まらなくなってしまったエピソードが明かされた。染谷からは「僕との場面でも、坂口さんが笑い出して3~4回撮り直しがありました」との証言も飛び出し、一方の坂口は「一通り笑い終わらないと次にいけないんです……」と苦笑い。重厚なサスペンスが繰り広げられる作品とはうってかわって、和気藹々とした日々の撮影現場の雰囲気が伝わるトークが展開された。

画像ギャラリー

PICK UP