『ラストマン』福山雅治“皆実”が黒幕に宣戦布告!怒涛の展開に「心臓バクバク」【ネタバレあり】

公開:
『ラストマン』福山雅治“皆実”が黒幕に宣戦布告!怒涛の展開に「心臓バクバク」【ネタバレあり】

福山雅治が主演を務める日曜劇場『ラストマン-全盲の捜査官-』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第9話が、6月18日に放送。クライマックスに向けて突き進むストーリーに、ネット上では大きな反響が寄せられた(以下ネタバレが含まれます)。

再びバディを組んだ皆実広見(福山)と護道心太朗(大泉洋)は、41年前の事件について捜査を開始。吾妻ゆうき(今田美桜)や護道泉(永瀬廉King & Prince)らの協力もあり、皆実の父・誠(要潤)と服役中である心太朗の実父・鎌田國士(津田健次郎)がある人物を介して、つながっていたことがわかる。その人物こそ、護道家とも縁の深い政界の重鎮・弓塚敏也(石橋蓮司)だった。

皆実たちは真相に近づくため、事件の第一発見者で心太朗の恩師でもある元捜査一課長の山藤憲治(金田明夫)や、誠と共に強引な地上げを行っていた暴力団の元幹部・池上隼人(渡辺哲)らに接触。41年前の事件について語ろうとしない彼らに、皆実は何か別の真実が隠されているのではないかと睨む。

しかし、その直後に池上が死亡し、警察の上層部は事故として処理するように指示。あからさまな口封じであることは明白だったが、皆実は心太朗に捜査続行の意思を改めて確認し、「厳しい戦いになりますが、勝ちを取りに行きましょう」と意気込む。

皆実と心太朗は黒幕と目される弓塚と対峙し、「あなたを必ず追い込んでみせます」と宣戦布告。そんな中、泉が何者かに尾行され、もみ合いの末に腹をナイフで刺されてしまう。さらに、心太朗がビルの駐車場に追い詰めた犯人は、恩師と慕う山藤だった。山藤は心太朗の目の前で「俺は悪い人間だ。本当にすまない」と謝りながら、ビルから身を投げるのだった。

怒涛の展開に、ネット上では「心臓バクバク」「混乱している」「いよいよクライマックス」などの声が上がっていた。

次回、最終話は6月25日に放送。皆実と心太朗は鎌田について調べを進める中で、ある衝撃的な事実にたどり着く。

なお、現在TVerでは、第1話~第3話、ダイジェスト、総まとめSPなども配信中。

PICK UP