橋本涼“灰仁”、高石あかり“扇言”へのバックハグに視聴者興奮「なんて美しいシーン」

公開: 更新:
橋本涼“灰仁”、高石あかり“扇言”へのバックハグに視聴者興奮「なんて美しいシーン」

橋本涼HiHi Jets/ジャニーズJr.)が主演、高石あかりがヒロインを務めるドラマ特区『墜落JKと廃人教師』(MBS、毎週木曜24:59~ほか)の第5話が、5月4日に放送。灰葉仁(橋本)が落合扇言(高石)へバックハグをするシーンがSNS上で話題となった(以下、ネタバレが含まれます)。

夏休みに入り、しばらく会っていなかった灰仁と扇言は墓参りで偶然再会。その際、灰仁から夏休みの予定を聞かれた扇言は正直に「高峰一馬(少年忍者/ジャニーズJr.・田村海琉)くんと夏祭りに行く」と伝える。

「楽しんで来いよ」と快く送り出したかに思えた灰仁だったが、夏祭り当日、ヘタクソな変装をして扇言と一馬のあとをつけてきていた。一馬がトイレに行った隙に、2人きりになった灰仁と扇言。扇言の浴衣姿に「キレイだよ」とささやく灰仁。さらに、扇言を後ろから抱きしめて「お前に恋した時点で、地獄行き決定してるからな」と一馬のもとへ戻ろうとするのを止める。

しかし、そんな灰仁の腕から逃げ出した扇言は「私には先生が必要なんです。先生が今みたいに我慢できなくなったら、私が避けて防いで振りほどきます」と、地獄行きを止めることを約束するのだった。

花火を背景にした、灰仁から扇言への力強いバックハグに、SNS上では「一緒に地獄へ行かせてください!」「花火×浴衣×バックハグ=最高」「なんて美しいシーンなんだ……!」といった感想が上がっていた。

次回、第6話は5月11日に放送。灰仁と長く一緒にいるために、むしろ距離をとることを選んだ扇言。しかし新学期、 自殺志願の青年・有働淳人(大西利空)との邂逅により2人の関係に新たな変化が……。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では第1話も配信中。

PICK UP