波瑠“速見”、優しく接してくれる高杉真宙“山本”が気になって…

公開:
速見穂香(波瑠)
速見穂香(波瑠)

波瑠が主演を務める『わたしのお嫁くん』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)の第4話が5月3日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

講談社「Kiss」で連載中の、柴なつみの同名コミックが原作となる本作は、仕事を完璧にこなし、同僚たちからも憧れの存在でありながらも“ズボラ女子”の一面をもつ主人公・速見穂香(波瑠)が、あることをきっかけに、会社の後輩で家事が圧倒的に得意な“家事力最強男子”の山本知博(高杉真宙)を嫁に迎えるという“社会派ラブコメディ”。

先週放送された第3話は、速見と山本がルームシェアしている自宅に突然山本の兄・正海(竹財輝之助)がやってくる。偶然にも速見が山本を押し倒しているかのような場面を見てしまった正海は、「離れなさい! 俺の大事な弟から離れろって言ってるんだ。この泥棒猫!」と激怒して……。弟を溺愛する正海のキャラクターと竹財の演技に、ネット上では「面白さ爆発してる」「最高だった」「愛すべきキャラ」とのコメントがあった。なお現在TVerでは、第1話、第2話、ダイジェスト動画などが配信中。

<第4話あらすじ>
速見穂香(波瑠)は、山本知博(高杉)との同居を許してもらうために、山本の兄たち――正海(竹財)と薫(古川雄大)に「私、速見穂香は、このルームシェア中に山本知博さんに絶対に手を出しません」という誓約書を提出して説得する。だが速見は、好きな相手がいると言っていたはずの山本が、優しく接してくれたり、ふいに手をつないできたりする度に、彼のことが気になって仕方がない。速見は「気になっているだけなら引き返せる」と自分に言い聞かせながら山本と接する。

山本知博(高杉真宙)
山本知博(高杉真宙)

一方、山本とは同期の人事部社員・赤嶺麗奈(仁村紗和)は、速見と山本の仲を引き裂こうと画策。速見が別の男性と付き合えば山本とのルームシェアも解消されるはず、と考えた赤嶺は、その役目を古賀一織(中村蒼)に担ってもらうべく、ビアフェスタのペアチケットを手渡し、速見を誘ってほしいと頼む。だが、赤嶺の目論見とは裏腹に、山本にも声をかけてしまう古賀。その結果、ビアフェスタにはなぜか速見、山本、赤嶺、古賀の4人で行くことになってしまい……。

画像ギャラリー

PICK UP