森本慎太郎“山里”、ピン芸人「イタリア人」になることを決意

公開:
森本慎太郎“山里”、ピン芸人「イタリア人」になることを決意

高橋海人King & Prince)、森本慎太郎SixTONES)が出演する日曜ドラマ『だが、情熱はある』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)第4話が、4月30日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマでは、若林正恭オードリー)と山里亮太南海キャンディーズ)のダメでさえない人生からの大逆転が描かれる。このドラマはの主役は2人。1人は若林。1人は山里。人見知り、自意識過剰、劣等感にネガティブ……湧き上がる負の感情。何もかもがうまくいかないことばかり。なぜ、2人は芸人を志すことになったのだろうか――。若林役を高橋、山里役を森本が務める。なお、現在TVerでは、第1話~3話、前半ダイジェスト動画が配信されている。

前回第3話では、九条ジョー清水尋也が山里の元相方役で出演。山里は大阪のNSC(吉本興業の養成所)に入所し、宮崎(九条)と「侍パンチ」を結成するが、初ネタ見せで玉砕。なかなか結果が出ないことに焦りを感じていた山里は、宮崎に厳しく当たりスパルタ教育で彼を追い込んだ結果、解散を告げられてしう。その後、講師の勧めもあり、和男​​(清水)と「足軽エンペラー」を結成する。

第4話では、大学を卒業した山里は、和男とともに芸人活動に本腰を入れていた。相方に逃げられた前回と違ってコンビ仲はイイ感じだが、知名度はいまだ皆無で、同期の実力No.1コンビ「ヘッドリミット」との差は開くばかり。一発逆転を狙う山里は、伝説の人気テレビ番組『ガチンコ』の新企画「漫才道」に挑戦する。ここで優勝して同期ながら、大人気のコンビ、ヘッドリミットに追い付いてみせる! と意気込む2人は、いつもの交番前広場でネタ合わせを繰り返しながら「漫才道」を勝ち進む。

しかし、相変わらず、相方の和男に叱咤激励という名の悪態を繰り返していたため、ついに和男も我慢の限界を超えてしまう。山里は2度目のコンビ解散を経験し、ひとりぼっちに戻ってしまった彼は、タンバリンを片手に、ピン芸人「イタリア人」になることを決意する。

南海キャンディーズを結成するまで、山里のロング&ワインディングロードはまだまだ続いていく。

そのころ、しずちゃんは中学の同級生と西中サーキット(にしちゅうサーキット)というコンビで活躍していたのだが……。

画像ギャラリー

PICK UP