天海祐希“涼子”と松下洸平“貴山”が“あり得ない手段”で悪徳不動産ブローカーを追い詰める!

公開:
天海祐希“涼子”と松下洸平“貴山”が“あり得ない手段”で悪徳不動産ブローカーを追い詰める!

天海祐希が主演を務める『合理的にあり得ない~探偵・上水流涼子の解明~』(カンテレ・フジテレビ系、毎週月曜22:00~)が、4月17日より放送スタート、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

柚月裕子のミステリー小説「合理的にあり得ない 上水流涼子の解明」を実写化した本作は、頭脳明晰で変装の達人の探偵・上水流涼子(天海)が、IQ140の相棒・貴山伸彦(松下洸平)とタッグを組み、さまざまな依頼をありえない方法で解決していく痛快エンターテインメイント。

<第1話あらすじ>
明晰な頭脳と大胆な行動力をあわせ持つ上水流涼子(天海)は、かつて多くの事件を担当する敏腕弁護士だったが、ある傷害事件をきっかけに弁護士資格を剥奪された。顧問弁護士を務めていた総合商社・諫間グループの社長、諫間慶介(仲村トオル)にも解雇され、現在はIQ140の相棒・貴山伸彦(松下)とともに、自身が立ち上げた「探偵事務所 上水流エージェンシー」で探偵業を営んでいる。

そんなある日、事務所に、不動産ブローカーの神崎恭一郎(高嶋政伸)から2000万円を取り返してほしいという女性がやって来る。依頼主の松下祥子によると、神崎は2年前、松下夫妻が所有する土地と工場を汚いやり口で奪い、祥子の夫・昭二を自殺に追い込んだという。契約上何も問題がないことから、警察に相談しても取り合ってもらえなかった祥子は、涼子が提示する「依頼料だけで200万円」という破格のギャラを払ってでも夫の無念を晴らしたいと言い、その覚悟を知った涼子は、祥子に事務所を紹介した顔なじみの元刑事・丹波勝利(丸山智己)からも情報を得ながら、貴山とともに神崎の身辺調査を開始する。

妻・朱美と一人息子の克哉と暮らす神崎は、秘書の橘亜里沙をはじめ、複数の愛人を囲う生粋の遊び人。それを利用しようと考えた涼子は、つかんだ不倫の証拠を2000万円で神崎に買い取らせようとするも失敗。そこで、ターゲットをある人物に変更し、貴山の友人で歌舞伎町の若きリーダー・有田浩次(中川大輔)にも協力を依頼する。涼子と貴山が選んだ“あり得ない手段”とは――。

画像ギャラリー

PICK UP