芳根京子“亜季”に情報流出の疑い!?重岡大毅“弁理士・北脇”が調査

公開: 更新:

芳根京子が主演、重岡大毅(ジャニーズWEST)がバディ役として共演する水曜ドラマ『それってパクリじゃないですか?』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)が、4月12日にスタート。また、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

お人好しの新米社員・藤崎亜季(芳根)と、妥協ゼロのエリート上司・北脇雅美(重岡)が、知財に関する様々な問題に向き合いながら仲間の汗と涙の結晶を守るために奮闘する、笑って胸が熱くなる知的財産エンタメドラマ。

第1話では、月夜野ドリンク開発部の新米社員・亜季が手掛けた、社運をかけた新ドリンクのボトルのデザインがライバル会社に盗まれる事件が勃発! 部長の高梨伊織(常盤貴子)に情報漏えいを疑われた亜季は否定。問題解決のために知財のエキスパートで弁理士の北脇が親会社から派遣されてくるも、亜季と北脇は性格も仕事の仕方も正反対で……。

果たして亜季は、疑いを晴らして「キラキラボトル」をライバル会社から取り戻すことができるのか?

さらに、社長・増田一朗(赤井英和)、法務部長・熊井崇(野間口徹)、弁理士・又坂市代(ともさかりえ)、ライバル会社の弁理士・田所ジョセフ(田辺誠一)、高梨開発部長ら、亜季を取り巻く個性派キャラの面々にも注目だ。

<第1話あらすじ>
月夜野ドリンク開発部の藤崎亜季(芳根)は、真面目でお人好しな新米社員。ある日、社運をかけたプロジェクトとして開発が進められている新ドリンクのボトル、通称「キラキラボトル」のデザインが、ライバル企業のハッピースマイルビバレッジに盗まれるというが事態が発生。

ハッピースマイルでボトル開発を担当したのが亜季の大学の同級生だったため、同窓会で情報を漏らした可能性がある、と亜季に情報流出の疑いがかけられる。開発部の部長・高梨伊織(常盤)に問い詰められ、即座に否定するものの亜季は開発部の業務から外されてしまう。

トラブルを調査するために、親会社である上毛高分子化学工業の知的財産部から「弁理士」の北脇雅美(重岡)がやってくる。弁理士とは“理系の弁護士”といわれる、知的財産権のプロフェッショナル。助けを求める亜季だったが、北脇は近寄りがたい厳しい人物で……。

果たして亜季は疑いを晴らしキラキラボトルを取り戻すことができるのか!?

画像ギャラリー

PICK UP