赤楚衛二、木村拓哉からのダメ出しに「勉強になります!」ほのぼのトークに新垣結衣も大爆笑

公開: 更新:
赤楚衛二、木村拓哉からのダメ出しに「勉強になります!」ほのぼのトークに新垣結衣も大爆笑

4月10日スタートのドラマ『風間公親-教場0-』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~※初回30分拡大)の完成披露舞台挨拶が4月3日、ユナイテッド・シネマお台場で行われ、主演の木村拓哉をはじめ、赤楚衛二新垣結衣北村匠海白石麻衣染谷将太が登壇した。

警察学校を舞台にしたドラマ『教場』シリーズ(2020年、2021年)が初の連ドラ化。木村演じる風間公親が、教官として警察学校に赴任する以前、新人刑事の“刑事指導官”だった時代を描く。赤楚、新垣、北村、白石、染谷は、それぞれ風間とバディを組む新人刑事を演じる。

「素直な感想を言うと、めっちゃ楽しかった」と、木村との共演に充実感をにじませる北村を筆頭に、新人刑事を演じる5人のキャストたちは、それぞれ緊張感を持ちながらも楽しく撮影に挑んでいる様子。染谷も「お芝居って本当に楽しいなと思わせてもらった」としみじみ語り、「幸せな時間を共にさせていただいています」と力を込めた。

一方、赤楚は木村と監督と3人で本読みをした日を振り返り、「本当に緊張して、部屋から出てきたときに『顔がげっそりしてる』って言われたくらい」と苦笑い。それでも、本読みによって「膨らんでいくものが楽しくて。いいものづくりの現場だなと思って演らせていただいた」と打ち明けた。

実は、この日は新垣も本読みがあったそうで、木村は「赤楚くんが部屋から出てきて、目が真っ赤だったんですけど大丈夫ですか?」と新垣が心配していたことを暴露。新垣が「泣いたのかなと思ったくらい」と続けると、赤楚は「泣いてないです」と笑顔で否定し、木村は「各々みなさんが『教場』という作品に対して、本当に全力で、全身全霊で姿勢を正して初日からきてくださっている印象を受けました」と思いを述べた。

さらに木村は、「これだけたくさんの方が居てくれる前なので、みんな言葉を選んで『素敵な現場です』みたいな感じに言ってますけど……」とユーモアを交えつつ、「みんなが居てくれるから、その現場ができているし、そのシーンもできている。本当に感謝してますし、楽しんでいます」とコメント。一方で、風間公親の衣装を纏って現場に行くと「“あの人来た!”っていう空気が流れる」といい、「そのままにしておく部分と、そうじゃない部分のバランスを考えながら、みなさんとの時間を過ごさせてもらってます」と明かした。

ここで、記者から新人刑事を演じるキャストに対して「この場を借りて、木村のプライベートについて聞きたいことは?」との質問が。木村は「この場を借りるな!」と目を丸くし、一人目に指名された赤楚も「当たり障りのないことしか言えないけど……」と本音をぽろり。なんとか「好きなお寿司のネタは?」と絞り出すと、会場からは大きな拍手が。しかし木村から「質問内容がテレビ誌か!(笑)」といじられ、赤楚は「勉強になります! じゃあ、疲れたときの体の回復方法は?」と改めて投げかける。

「雨さえ降ってなければ、犬と一緒に歩いたり。あとはサウナが好きなので、サウナに行くようになったくらい。だから、全然特別なことはしていない」という木村に、赤楚が「そうですねぇ」と頷くと、新垣は赤楚の素直すぎる反応に大爆笑。会場が穏やかな空気に包まれる中、木村は「体を動かして、食いたいものを食って……肉を食べると回復します!」と明言した。

その後も、新垣の「最近、涙を流しましたか?」という問いに、SNSで見た犬の動画に泣いたことを告白。さらに、「今回の主題歌を耳にしたときに、ここにいる全員の顔が浮かんで目頭が熱くなりました」とし、「その曲は初回のオンエアで受け取ってください」と呼びかけた。

そんな中、白石は「眠りが浅いのですが、すぐ眠れる方法はありますか?」と質問を。木村が「何をしてるの?」と尋ねると、「ゲーム」と答える白石に、間髪を入れず「それです」と回答。白石が「気づくと(空が)明るくなってる」と話すと、木村は「眠りが浅いんじゃなくて、寝てない」とツッコミを入れていた。

なお、北村の「新たにトライしてみたいことは?」には「剣道」を挙げ、「久々に道場という異空間で、非日常な武道をやってみると、もう一度しっかり経験したくなる」と木村。染谷の「休みで何もなかったら、何時間くらい寝てる?」という問いに、木村が「次の日に何もなければ1時半くらいまで起きてるかもしれない。朝は8時過ぎには起きるかな」と答えると、染谷は「めっちゃプライベート(な内容)っすね!」と嬉しそうにガッツポーズを決めていた。

画像ギャラリー

PICK UP